FOLLOW US

FC東京MF梶山陽平、左足負傷で全治最長6週間…今季18試合出場

5月23日の名古屋戦に出場したFC東京MF梶山陽平(右) [写真]=Getty Images

 FC東京は22日、所属するMF梶山陽平が、左足の負傷で全治4〜6週間との診断を受けたと発表した。

 梶山は、19日に行われた2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第3節のモンテディオ山形戦で負傷。前半35分でピッチを後にしていた。

 そして22日にチームドクターの診察を受け、左足関節捻挫および左ひ骨骨挫傷で、全治4〜6週間と診断されている。

 現在29歳の同選手は、今季のJ1でここまで全20試合中、18試合に出場していた。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA