FOLLOW US

浦和MF小島秀仁が愛媛に完全移籍…特長は「縦パスと得点に絡むプレー」

愛媛FCへ完全移籍した小島秀仁(写真は2013年のもの) [写真]=Getty Images

 愛媛FCは20日、浦和レッズのMF小島秀仁が完全移籍で加入することを発表した。

 移籍に際して小島はクラブを通じて以下のようにコメントしている。

「このたび、浦和レッズから愛媛FCに加入することになりました小島秀仁です。自分の特長は、ボランチの位置から縦パスで攻撃のスイッチを入れることや、ドリブルで前線へ進出してゴールに絡むプレーだと思っています。早くチームの戦術を理解し、試合に出場してチームの勝利に貢献できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」

 また、移籍元となる浦和に対しても以下のようにコメントしている。

「このたび、愛媛FCに完全移籍することになりました。この移籍を決断するのにかなり悩みましたが、今の環境を変えてもう一度新しいチャレンジをすることが、今の自分には必要ではないかと思い、決断しました。ファン・サポーターのみなさんには、いつも温かいご声援をいただき、苦しいときも自分を支えてくれたことを、感謝しています。愛媛FCで試合に出場して、元気な姿をお見せすることが、みなさんへの一番の恩返しだと思います。今シーズン、浦和レッズが年間チャンピオンになることを願っていますので、ファン・サポーターのみなさんもチームと一緒に戦ってください。これまで本当にありがとうございました」

 現在22歳の小島は2011年に前橋育英高から浦和に入団。同年6月のアビスパ福岡戦でプロデビューを飾った。1年目は公式戦14試合、2年目は公式戦19試合に出場したが、3年目は出場機会が激減。2014年は期限付き移籍で徳島ヴォルティスに加入していた。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA