2015.07.18

大宮FW播戸は11分間で達成…J史上最短のハットトリック記録とは?

播戸竜二
大宮アルディージャに所属するFW播戸竜二 [写真]=Getty Images

 2015明治安田生命J2リーグ第24節が18日に行われ、大宮アルディージャアビスパ福岡が対戦。FW播戸竜二が11分間でハットトリックを決めて、大宮が3-1で勝利を収めた。

 播戸は28分に先制点を決めると、勢いに乗って37分、39分に追加点を獲得。11分間でハットトリックを達成した。

 播戸にとってはこのハットトリックはJリーグで通算4度目でJ2では初。セレッソ大阪に所属していた2011年9月10日、J1第25節のサンフレッチェ広島戦で達成して以来、約4年ぶりとなった。また、同じシーズンの2011年8月20日に行われたJ1第22節の清水エスパルス戦でもハットトリックを達成したが、こちらも76、77、87分の11分間で決めている。

 また大宮にとっては、2012年に加入したズラタン(現浦和レッズ)が、同年10月27日に行われたJ1第30節の柏レイソル戦で3ゴールを決めて以来、約3年ぶりとなる。

 11分間で3得点も驚異的なものだが、最近では、6月20日に行われた2015明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第16節のモンテディオ山形戦で、広島のFW佐藤寿人が26、28、35分の9分間で3ゴールを挙げていた。しかし、Jリーグ史上最短記録は、わずかに3分間。真中靖夫氏がC大阪時代の2001年7月14日に行われたJ1ファーストステージ第14節の柏戦で、72、73、75分の3分間でハットトリックを達成している。

 なお、Jリーグでは14年も前に樹立された記録が未だに更新されていないが、イングランドのプレミアリーグでは今年5月にこれまでの記録が破られている。5月16日に行われたリーグ戦第37節のアストン・ヴィラ戦で、日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンのセネガル代表FWサディオ・マネがわずか2分56秒(リーグ公式記録)でハットトリックを達成。これまでの記録は21年前の元イングランド代表FWロビー・ファウラー氏の4分33秒だったため、マネはこれを1分37秒も更新し、新記録を樹立していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

C大阪
3pt
札幌
0pt
ベガルタ仙台
0pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る