FOLLOW US

【予想スタメン】今季2連敗中の湘南に甲府がリベンジ…“スプリント力封じ”が勝利のカギ

今季2連敗中の湘南にリベンジに挑む甲府 [写真]=Getty Images

湘南ベルマーレ リーグ随一の総力を生かし攻撃力の発揮に期待

 アウェーに乗り込んだ前節の神戸戦では、先制を許したものの前半のうちに追いつき、1-1で勝ち点1を積み上げた。チャンスは互いにあり、決め切れない場面もあった。だが一方で、相手の攻撃のタレントに見せ場を与えないなど、粘り強い戦いを演じた。前々節名古屋戦の勝利に続き、連勝とはならなかったが、高温多湿の厳しい環境、連戦、アウェーといった要素を踏まえても、前向きなドローと言える。

 今節ホームに迎える甲府とは今季、リーグ戦とナビスコ杯予選で対戦し、いずれも1-0で湘南が勝ち点3を手にしている。ただ、佐久間悟監督にタクトが移ったのはJ1・1st第11節の勝利の直後だったため、監督交代以降、最下位からの立て直しを図った甲府とは初対決となる。

 1stステージの対戦では、風の影響もあり、相手のロングボール攻勢に押し込まれる時間帯もあった。GK秋元陽太を中心に全員守備でこれを防いだように、今節もチームとして相手の時間帯を封じたい。一方、安定が図られた甲府の守備に対し、精度を高めているリスクマネジメントとともに、攻撃力を発揮したいところ。リーグ随一の走力を背景に、試合を重ねるごとに磨かれている連係をゴールに結びたい。

 今季ホームでは3勝3分4敗とまだ負け越している。成長を着実に結果へと映している湘南にネガティブな要素は見出しにくいが、よりシビアに勝ち点3に向かいたい。(隈元大吾)

■湘南予想スタメン
3-4-2-1
Gk
秋元陽太
DF
遠藤航
アンドレ・バイア
三竿雄斗
MF
古林将太
菊地俊介
永木亮太
菊池大介
大竹洋平
大槻周平
FW
高山薫

ヴァンフォーレ甲府 佐久間体制下ではアウェー無敗を誇る

 今季、湘南とは2戦2敗。ただし、3月のナビスコ杯では押し込みながらもCKでの失点に泣き、5月のリーグ戦も曺貴裁監督が「力関係で甲府の勢いを受けてしまった」と振り返るほど、甲府が優勢にゲームを進めていたのに、大槻周平のミドルシュートで苦杯を嘗めさせられた。どちらも力の差と言うよりは、細かな勝負のアヤの部分で敗れた印象だ。

 チームカラーは対照的。Jリーグがまとめた「トラッキング・データ」によれば、1stステージでスプリント回数の最も多かったのが湘南で、最少だったのが甲府。その差は1試合平均30回以上あったと集計されている。

 一方、佐久間悟監督が就任したJ1・1st第12節以降、甲府が勝利した4試合のうち、対戦相手より走行距離が少なかったケースが3度あった。また、佐久間体制下ではアウェーで3勝1敗と、1勝3分のホームゲーム以上の高勝率。相手に動かれても自陣で守備ブロックを固め、相手のミスや焦りを誘う--。敵地ではより割り切って、そうした戦い方を実行していると推測できる。今節も堅牢な人垣で、湘南のスプリント力を封じ込めて、勝機を手繰り寄せることになりそうだ。

 タイトなスケジュールを考慮して、15日の仙台戦はスタメンを一部入れ替えたのだが、しっかり無失点で乗り越えた。ただ、負傷明けのバレーの状態がいまひとつだったのは気掛かり。G大阪戦、仙台戦と徐々に出場時間を伸ばしたことで、そろそろ完全復調が待たれるところ。いずれにせよ、1年に3回、同じ相手に負けるわけにはいかないだろう。(渡辺功)

■甲府予想スタメン
3-4-2-1
GK
河田晃兵
DF
土屋征夫
山本英臣
新井涼平
MF
橋爪勇樹
マルキーニョス・パラナ
下田北斗
阿部翔平
稲垣祥
阿部拓馬
FW
バレー


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO