2015.07.16

清水GK杉山が殊勲のPKストップ…チームは10戦ぶり無失点で年間最下位を脱出

杉山力裕
PKセーブでチームの勝ち点1獲得に貢献した杉山 [写真]=春木睦子
学生時代から全国のスタジアムへ通い続けてきた経験と人脈を生かして、Jリーグを取り巻くピッチ内外のネタを探り続ける。

文=青山知雄

 チームを救う殊勲のPKストップだった。

 開幕戦でヴィッセル神戸に0-5と大敗した清水エスパルスは、15日に行われた明治安田生命J1リーグ2ndステージ第2節で鹿島アントラーズと対戦。大きな危機感を抱いて敵地に乗り込んだ清水は割り切ったサッカーで守備に徹し、スコアレスドローで勝ち点1を手にした。

 試合の行方を分けたのは71分だった。カルフィン・ヨン・ア・ピンが土居聖真を倒してPKを与えてしまうが、小笠原満男のキックをGK杉山力裕が横っ飛びでセーブ。大榎克己監督が「神がかり的なビッグセーブをしてくれた」と振り返った守護神の活躍で難を逃れることに成功する。

 チーム全員が体を張ったディフェンスを見せる中でのファインセーブ。「食事時間に相手チームの全得点と全失点をまとめた映像を流していて、小笠原選手がサンフレッチェ広島戦でPKを決めたシーンも見ていました。その時も今日と同じ方向に蹴っていたので、相手のクセはそんなに深く考えないようにしていましたけど、そっちに蹴るかなと思って、それを誘い込めるようにとにかく最後までガマンしていました」と冷静な口調で振り返っていた。そしてPKストップ後に本田拓也が見せたクリアについても「自分が止めたあとにタクさんがしっかりカバーしてくれた。細かいところだけど、ああいうところも大きかった」とチームメートの助けに触れることも忘れなかった。

 大敗した神戸戦のスタメンから4人を入れ替えて臨んだ鹿島戦。その一人が杉山だった。個人的には0-4で敗れた1st第13節湘南ベルマーレ戦以来の出場機会となったが、大榎監督が「出番がない時からずっと努力を続けてきて、それが今日の活躍につながった」と評価したとおり、地道な取り組みが結果に結びついた形だ。

 2004年に静岡学園高から川崎フロンターレへ加入し、今シーズンから清水に完全移籍していた杉山にとっては、幼少期から慣れ親しんだ地での新たな勝負。「早い時間にボールを触れたことで、意外にすんなり入ることができた。一瞬一瞬を楽しみながらやれました。中高とPKで勝つことがあったので、苦手意識はなかった」と久々の出場機会にも冷静なプレーを披露できた裏側を明らかにした。

 チームはこれで1stステージから続くリーグ戦の連敗をひとまず4で止め、年間順位で最下位を脱出。大榎監督は「厳しい試合だったが、選手たちが体を張ってゼロで抑えてくれた。この勝ち点1はすごく大きい。気持ちを切らさずに次の試合に向かいたい」とさらなる巻き返しに力を込めて会見を締めくくった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る