2015.07.12

武藤移籍で川崎に完敗のFC東京…太田「現実を受け止めなければ」

太田宏介
1stステージでは左足で数々のチャンスを演出した太田宏介 [写真]=Getty Images
学生時代から全国のスタジアムへ通い続けてきた経験と人脈を生かして、Jリーグを取り巻くピッチ内外のネタを探り続ける。

文=青山知雄

 2015明治安田生命J1リーグ・セカンドステージが11日に開幕。アウェイで川崎フロンターレとの多摩川クラシコに臨んだFC東京は、ファーストステージ限りでドイツのマインツへ移籍したエース武藤嘉紀の抜けた穴が大きく、チームとしての持ち味を見せられないまま0-2で完敗。ファーストステージでクラブ歴代最高の2位に入ったチームが、わずか2週間後の試合で想像以上の難局にぶち当たった。

「正直、何もできなかった」

 試合の感想を聞かれたFC東京DF太田宏介は、振り絞るように第一声を発した。

 試合終了のホイッスルが鳴り響いた瞬間から動くことができず、ピッチでその場に立ち尽くした。ファーストステージに武藤とのホットラインで何度もチームを救ってきた左サイドバックは「内容も結果もそうだけど、何もできなかった感が悔しかったし、チーム全体として攻撃の形が本当に一つも見せることができなかった。今は何が原因で、何が悪いのかは正直分からない。次の試合がすぐやってくるんで切り替えなければいけないですけど、この現実はしっかり受け止めなければいけないし、軽視しちゃいけないとも思います」とチームの現状に警鐘を鳴らした。

 実際、FC東京は攻守の双方で連動したサッカーを見せることができなかった。太田自身が「フロンターレのポゼッションにずっとハイプレスを仕掛けるのはムリだけど、今のサッカーをしているとボールを取る位置が低くなって前に出ていけない」と説明したとおり、ボールを奪ってからの展開に苦しんだ。相手のミスに乗じてカウンターを仕掛けようにも切り替えの遅さや人数不足が目立ち、ほとんどチャンスを作り出すことができなかった。対戦相手の大久保嘉人も「プレスが甘いし、相手の攻撃に怖さは全然なかった。前で取りたいのが見え見えだったし、チームとしてのまとまりがないからプレスも連動しない。どんどん前に来るから、裏のスペースが空いて狙いどころになっていた。(前田)遼一さんはヘディングで頑張っていたけど、攻撃に怖さがなくて、『正直、点は取られないな』ってみんなで話していた」と率直な感想を明かしている。

 ファーストステージのFC東京は、勝負強さで勝ち点を積み上げて結果を残した。しっかりとブロックを作った守備で耐え抜き、カウンターやセットプレーからゴールを奪う必勝パターンで2位に入った。そしてチームの躍進を支えたのが太田の左足だった。鋭いクロスボールやプレースキックで数々のチャンスを演出し、圧倒的な存在感を見せていただけに、より不甲斐なさと危機感が募るのだろう。ここまでFC東京の得点源として武藤がいたことは疑いようのない事実。ファーストステージで2ケタ得点をマークしたストライカーの穴は簡単に埋まるものではないが、ピッチに立つからにはそうも言っていられない。武藤の移籍を理由にされるのは、当然ながら本意ではない。

「どんな内容でも勝ち切らなければいけないし、今日もたくさんのファン・サポーターが来てくれた中で、完全に期待を裏切ってしまった。よっち(武藤)がいなくなったからと言われるのは個人的にも嫌だし、俺だったり他の選手がFC東京を引っ張っていかなければいけない。どんな苦しい試合だったとしても、俺だったらセットプレー1発に集中して試合を決めたりする選手にならなければいけない」

 ただし、攻撃の再構築は思いのほか簡単にはいかないかもしれない。過密日程のリーグ戦、次の試合はすぐにやってくる。次節は4日後、味の素スタジアムで行われるアルビレックス新潟戦だ。太田は「(武藤の移籍から)ちょっと期間が短いので、急にサッカーを変えようとするのは難しい。よっちがいなくなったことで新しい選手が入って、その選手の良さをどう生かすか。違った姿を見せられるように明日からまたやらなければいけない。今日は本当に何一つできなかった。この課題と現実にしっかりと向き合って、次の試合で必ず違いを見せられるように、チームとしても個人としてもやっていなければいけない」と巻き返しを誓いながら、現状をしっかりと見つめる。

 苦しい本音を吐露しながら、「頑張ります!」と大きな声を発してミックスゾーンをあとにした太田。FC東京の巻き返しと攻撃再建は、間違いなく彼の左足がカギを握っている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る