2015.07.10

【予想スタメン】中村俊輔の復帰で好気配が漂う横浜FM…山形はアウェー初勝利なるか

1stステージ最終節で復帰した中村俊輔(中央)  [写真]=Getty Images

■横浜F・マリノス 4試合連続で失点、富澤の退団が痛手

 1stステージは首位浦和と勝ち点15差の6位で終わった横浜FM。縦に速い攻撃を植え付けたエリク・モンバエルツ監督が「プレーの質を向上させ、もっと上の順位を目指す」と意気込む今後の焦点は、1stステージ最終節で復帰した中村俊輔の融合だろう。その司令塔は、9日の紅白戦で先発組のボランチとしてプレー。長短のパスでゲームをコントロールし、直接FKも決めるなど好気配が漂う。前半戦は「0」だったセットプレーでの得点も、背番号10の左足に期待してよさそうだ。「ボランチでしかできないプレーもある。全力でチームの勝利に貢献したい」。中村本人のコメントも頼もしい。

 修正が必要なのはセットプレーの守りだ。1stステージ最終節、神戸戦でもCKから先制点を献上するなど、リスタートから4試合連続で失点している。守備のユーティリティー選手だった富澤清太郎が退団したのも痛手だ。

 攻撃面ではサイドの突破が少なく、クロス数はリーグ最少。開幕戦で戦う山形とは、前回アウェーのリーグ戦で敗れており、相手の守備ブロックをどう崩すかがポイントか。右MFにポジションを移すであろうチームのトップスコアラー、アデミウソンのドリブル突破が好機を演出する。3位広島とは勝ち点8差。チャンピオンシップ出場権獲得へ、幸先良く白星発進したい。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
飯倉大樹
DF
小林祐三
中澤佑二
ファビオ
下平匠
MF
喜田拓也
中村俊輔
アデミウソン
三門雄大
齋藤学
FW
伊藤翔

■モンテディオ山形 今季リーグ戦のアウェーで未勝利が続く

 16位で1stステージをフィニッシュしたが、終盤は6試合勝利なし。勝ち点の積み上げでは足踏み状態が続いている。特にラスト2試合は広島の佐藤寿人、G大阪の宇佐美貴史にハットトリックを許す大量失点での敗戦を喫した。精神的ダメージが大きく、ここまでの粘り強い戦いそのものの軸さえ揺るがしかねない状態だった。

 幸いなことに、今節まで試合間隔が2週間空いたことで、問題点を整理し直し、悪い流れをリセットする十分な時間が与えられた。戦いのベースがブレることなく、さらに攻撃精度などの新たな積み上げを模索することになる。

 横浜FMには1stステージで1-0と勝利している。パスをベースに攻撃してくるチームとの相性は悪くない。ただし、メンバーは互いに入れ替わったものの、ナビスコ杯第7節では前半に2点を失い、そのまま0-2で敗れている。また、今季リーグ戦ではアウェーで未勝利の状態が続いている。ホームと同様にアグレッシプな戦いが求められる。

 今節は前節から数名のメンバー変更が予想されるが、前線の選手はいずれも好調。先発予定の選手以外にも、林陵平、中島裕希など今回はバックアップに回る選手も体がよく動き、メンタル面も充実している。横浜FMは簡単に得点できる相手ではないが、メンバー交代も含め、得点力不足払拭のきっかけをつかむ試合にしたい。(totoONE編集部)

■山形予想スタメン
3-4-2-1
GK
山岸範宏
DF
當間建文
渡辺広大
石川竜也
MF
高木純平
アルセウ
宮阪政樹
キム・ボムヨン
川西翔太
ロメロ・フランク
FW
ディエゴ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る