2015.07.10

【予想スタメン】攻撃陣の復調が期待される仙台…広島は敵地で守備の意識を高める

1stステージ3位と好成績を残した広島  [写真]=Getty Images

■ベガルタ仙台 攻撃力を取り戻すことが課題

 1stステージでは5連敗も経験した仙台だが、安定感を取り戻して終盤は4戦無敗。7位で折り返した。

 渡邉晋監督はシーズン当初から、最初に達成する目標を「年間勝ち点50」としており、シーズンの半分が終わった段階では、その数字は目標の半分に満たない「23」。あと27ポイントを取るためにも、2ndステージ初戦を勝利で飾りたい。

 ただし、このステージは初戦から、1stステージで苦杯をなめた相手と対戦する。広島はJ1・1st第9節で完敗した相手で、現在のところ、今季の仙台が唯一2点差をつけられて負けた相手だ。あの時は試合感覚が詰まった連戦の中でコンディション調整が難しかったが、静岡でのミニキャンプでの準備を経た現チームの力をぶつけたいところ。

 ミニキャンプでは連係が深まった反面、主力の野沢拓也が別調整で練習試合に出ていない。また、主力組で挑んだ法政大学との練習試合は、無得点に終わった。広島戦までの一週間で、公式戦に備えて攻撃力を取り戻すことが必要だ。

 1stステージ終盤からミニキャンプにかけて好調だったのは、現在チームトップの5得点を挙げている奥埜博亮や、4得点の金園英学。ハモン・ロペスも腰痛から復帰してゴールを目指す。彼らの勢いがチームに攻めの姿勢をもたらすことに期待したい。

 サポーターの力強い後押しを受けるホームのユアスタで、攻守ともにアグレッシブにプレーし、仙台は勝利を目指す。(totoONE編集部)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
六反勇治
DF
菅井直樹
鎌田次郎
渡部博文
蜂須賀孝治
MF
梁勇基
キム・ミンテ
富田晋伍
奥埜博亮
FW
金園英学
ハモン・ロペス

■サンフレッチェ広島 先に失点しないことが勝利のカギとなる

 開幕当初は「下手したら残留争いに巻き込まれるかも」と心配されるほど評価が低かった広島だった。高萩洋次郎(FCソウル)、石原直樹(浦和)のシャドー2人に加え、パワフルな攻守でチームに貢献していたファン・ソッコ(鹿島)も移籍したことで、単純に戦力ダウンしたと捉えられていた。だからこそ、1stステージの3位という結果は立派の一言。内容からすれば「もっとできた。優勝も狙えた」とも言えるが、戦前の状況を考えれば「上々と言っていい」(森崎和幸)。

 不安視されていたシャドーのポジションで、シーズン当初は森崎浩司が牽引し、彼の負傷後は柴崎晃誠とドウグラスが定着。この2人で9得点8アシストという結果は、昨年のレギュラー2人が1年間に残した数字(13得点10アシスト)に半年で迫る勢いで、それが広島のリーグ3位の得点力(1試合平均1.71得点)に結実。シュート数リーグ2位という積極性も、最近5試合で14得点という「爆発」につながっている。

 ただ、仙台戦に向けてポジティブ要素ばかりではない。塩谷司は負傷からの復帰が遅れ、欠場が濃厚。1試合平均0.94失点というレベルを維持してはいるが、最近5試合中3試合で複数失点を許して7失点。特に1stステージ最終節の鳥栖戦のように、先制弾を浴びるケースが17試合中7試合もあることは心配だ。特にアウェーの仙台で先制点を許すと難しい状況に追い込まれるだけに、まずは先に失点しないことを意識したい。(紫熊倶楽部 中野和也)

■広島予想スタメン
3-4-2-1
GK
林卓人
DF
宮原和也
千葉和彦
水本裕貴
MF
ミキッチ
青山敏弘
森崎和幸
柏好文
ドウグラス
柴崎晃誠
FW
佐藤寿人

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る