2015.07.09

元日本代表MF福西崇史、Jリーグ発展のためには「いろんな人の意見が大事」

トークショーを行った福西崇史と佐藤美希

 Jリーグのタイトルパートナーである明治安田生命は8日、本社にて元日本代表MF福西崇史さん、Jリーグ女子マネージャーの佐藤美希さんを招いて「明治安田生命Jリーグトークショー」を開催した。

 明治安田生命本社内では「“ベストスタイル”コレクション~52クラブユニホーム大集合~」と題し、Jリーグに加盟する各カテゴリー全クラブのユニフォームを展示中(一般公開は終了)。52のユニフォームを目の前にしたイベントで佐藤さんは、「迫力ありますね」と目を丸くすると、福西さんも「かっこいいですね。めちゃくちゃ増えましたよね。特別な色、チームの色、いろいろな色が出たなと。チームの特長が出ている」と、見渡してJリーグの発展を感じたようだ。

 明治安田生命は、「従業員は全員がサポーター」を掲げており、各チームをそれぞれの都道府県の支社の考え方で支援するとともに、顧客や従業員へのスタジアムへの来場も呼び掛けている。「裾野が広がれば広がるほど、トップのレベルが上がる。協力があって支えられているし、期待を背負って選手たちも頑張りますよね」と、福西さんも同社の取り組みを評価。

 また同社は女性従業員のJリーグ応援部も結成。サッカー初心者にもわかりやすく、興味を持ってもらうように活動しているが、Jリーグ女子マネの佐藤さんが、「女性のファンも増えています。こんなに多いと思いませんでした」と、これまでの活動を通じて感じたことを振り返ると、福西さんは「いろんな意見、女性から男性から、詳しい人、初心者の人の意見が大事。チームのためになると思います。愛情を持って、気持ちが入っていれば素朴でもそれは伝わる。いろいろな気付きにもなりますよね。女子マネとしては、会場に足を運んでくれた人が喜ぶことをしてほしいですね。一度だけじゃなく、いろんなことをしてもらえれば、サポーターも喜びますし、興味もでてきます」と、今後の活動について、アドバイスも送った。

 明治安田生命J1リーグのセカンドステージは11日からスタートするが、福西さんは、「2ステージになったことで各チームが優勝を意識するようになりましたね。勝ち点の計算も出てくる。熱いサッカーが増えるんじゃないですかね。セカンドステージで結果を出せば、チャンピオンシップに出られるわけですから。上位だったチームは研究されるし、下位だったチームは巻き返そうとする。そこに面白さがありますよね。チームの戦い、個々の戦いがあり、みんなが楽しみにしてくれると思います」と展望を語り、佐藤さんも「セカンドステージもたくさんのスタジアムに行って、盛り上げたいです」と意気込んでいる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
62pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
80pt
福岡
68pt
長崎
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
55pt
沼津
50pt
秋田
49pt
Jリーグ順位をもっと見る