FOLLOW US

空中を走る「ガンバ大阪号」が運行開始…遠藤&今野「カッコいい!」

ガンバ大阪号の発車を見送るガンバボーイ[写真]=義村治子

 大阪モノレール(大阪高速鉄道株式会社)は5日、利用促進とガンバ大阪のPRを目的に、ガンバ大阪のラッピング列車「ガンバ大阪号」の運行を開始した。

 万博記念公園駅で行われた「ガンバ大阪号 発車式」には遠藤保仁今野泰幸の2選手に加え、野呂輝久社長とガンバボーイも参加。クラブエンブレムやガンバボーイのイラストが大胆に配された列車について、遠藤&今野は「カッコいい!」と声をそろえつつ、「選手としても、うれしいことだし、ファンの方も喜んでくれるのでは」と期待を寄せた。

 ガンバ大阪の野呂社長は、「大阪モノレール25周年という節目の年に、ガンバ大阪の新スタジアムが完成します。収容人数はこれまで2万人だったのが2倍の4万人になりますから、今後はより多くのお客様にモノレールでスタジアムに足を運んでいただきたい。列車は平均で地上12メートル、一番高いところで地上24メートルの高さを走ります。宣伝効果も抜群で、非常に期待しています」と喜びのコメントを残した。

 発車式を終えた後、遠藤と今野は駅構内で一般のファンを招いてのトークショーに出席。子どもたちとの質問コーナーで「将来の夢」を問われると、遠藤は「長生きすること」と回答し会場の笑いを誘った。一方の今野は「2歳と3歳の娘がいるので、彼女たちに頑張ってもらって、スターとまではいかなくても、彼女たちが目指す自分になっていってほしい」と、愛娘の成長を見守っていくことが自分の夢とし、子煩悩ぶりをのぞかせていた。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO