2015.06.26

【予想スタメン】上位陣と互角の戦いを演じる神戸、足踏みが続いたホーム戦J1通算100勝達成なるか

ホームJ1通算100勝を狙う神戸 [写真]=Getty Images

■ヴィッセル神戸 主将チョン・ウヨンの出場停止も、チームは準備万端

 前節では浦和との一戦で、再三決定機を作るなど、無敗の首位チームを攻め立てた神戸。数的優位に立ちながら1-1と勝ちきれず、浦和のステージ優勝の瞬間を、ホームの地で見る悔しさも味わったが、その一方で内容としては「これが我々のスタンダードで、これから先はこれ以上、常に維持していかなければいけない」とネルシーニョ監督が言うような実のあるものも出せていた。

 G大阪、浦和と、上位陣とも互角に戦えるだけの力を最近の試合では発揮しており、渡邉千真にはJ1・1st第2節以来の得点も生まれるなど、久々に攻撃陣の活躍も見られただけに、今度こそ、勝利という結果を出したいところ。

 そのなかで、今節は攻守の要でもある主将、チョン・ウヨンを出場停止で欠く戦いとなるが、今週のトレーニングでは活気のある充実した練習を実施。メンバーも揃い、チーム力は底を脱しているだけに、誰が試合に出てもいい準備もできている。

 横浜FMとは、ナビスコ杯の予選リーグで今季一度対戦済み。その際は、古巣対決となった渡邉の2得点と、森岡亮太の今季初得点で、3-2と勝利を収めているが、当時の相手は直近のリーグ戦から先発を10人入れ替えるなど、主軸を温存。今回はまったく別のチームとの対戦といっていいだろう。それでも、小川慶治朗をはじめ、イレブンの気合いは十分。1stステージ最後の試合で勝って、ホームJ1通算100勝を今度こそ達成し、折り返しを迎えたいものだ。そのためには、リーグ戦で最後に勝利した第13節山形戦以来となる先制点の獲得が求められるだろう。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
3-4-3
GK
山本海人
DF
ブエノ
増川隆洋
岩波拓也
MF
高橋峻希
森岡亮太
前田凌佑
相馬崇人
FW
マルキーニョス
渡邉千真
小川慶治朗

■横浜F・マリノス セットプレーでの守備の修正が必要

 前節の鹿島戦は、開幕戦に並び今季ワーストの3失点。チームカラーの堅守が崩壊し、7試合ぶりの黒星を喫したダメージは少なくない。素早いボールへの寄せが必要なのはもちろん、ここ3試合連続で失点しているセットプレーでの守備も大事な修正ポイントだ。

 単調だった攻撃面では、1トップだったアデミウソンを2列目の左サイドへ移す。サンパウロ時代の主戦場でプレーすることは、本人も持ち前のテクニック、スピードを発揮しやすいはずだ。トップ下はボランチの三門雄大を一列上げて配置。スペースへ出て行く動きを増やし、素早く縦を突く展開でゴールに迫りたい。

 充実していた交代カードだったが、復帰したばかりのラフィーニャが再び離脱したのはマイナス材料。中村俊輔と中町公祐も復帰は2ndステージとなる。ただ、裏を返せば、ここまでサブ組あるいはベンチスタートで甘んじている選手にとってはチャンス。ここ2試合途中出場でピッチに立ち、練習でも好調さが見て取れる大卒2年目、天野純は注目だ。

 昨季のリーグ戦では1勝1分と、神戸との相性は悪くない。今季はナビスコ杯で対戦して2-3で敗れているものの、リーグ戦の通算対戦成績では16勝9分7敗と大きく勝ち越している。年間勝ち点で上位に離されないためにも、2ndステージへ気持ち良く向かうためにも、最終節は勝ち点3で締めくくりたい。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
飯倉大樹
DF
小林祐三
中澤佑二
ファビオ
下平匠
MF
喜田拓也
兵藤慎剛
齋藤学
三門雄大
アデミウソン
FW
伊藤翔

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る