FOLLOW US

5月度のJ1月間ベストゴールは仙台MF梁が受賞「冷静に決めたゴール」

仙台に所属するMF梁勇基 [写真]=Getty Images

 17日、JリーグはJ1の5月度月間ベストゴールに、ベガルタ仙台に所属するMF梁勇基のゴールが選出されたことを発表した。

 ベストゴールとなった梁の得点は、5月10日のJ1ファーストステージ第11節の浦和レッズ戦で80分に決めたシュート。Jリーグ選考委員会は、次のように受賞理由を説明している。

「味方からの横パスを受け、巧みな折り返しからシュートフェイントで相手DFをかわして決めたゴール。ペナルティエリア内の狭いスペースでパスを受けた瞬間に相手DFの動きと、GKの位置を確認し、冷静にゴールを決めていることがわかる。今季無敗の浦和を相手にし3-3の状態から得点した点も印象深い」

「1stステージ第10節終了時点で5連敗の15位と低迷していた仙台だが、本試合で1位の浦和を相手に引き分けに持ち込んだことで息を吹き返し、現時点(1stステージ第15節終了時点)で7位まで順位を上げている。今季の特徴である攻撃に人数をかけ連動しながらシュートに持ち込む仙台のスタイルが見事にでたプレーであった」

 月間ベストゴールは、Jリーグオフィシャルブロードキャスティングパートナー「スカパー!」の協力による、ファン・サポーターによる一般投票と、スポーツ・サッカーメディア関係者からの推薦によりノミネートされたゴールから決定。年間で最も優れたゴールに与えられる「最優秀ゴール賞」にもノミネートされる。「最優秀ゴール賞」は12月に行われるJリーグアウォーズでの表彰が予定されている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO