2015.06.17

【平畠啓史氏はこう見る!】“アニキ”のプレーが東京Vに火をつける…今節は男気溢れる平本一樹のプレーに注目

男気溢れるプレーが注目される平本一樹(右) [写真]=Getty Images

 4月上旬、広島でのこと。移動の際、何度かタクシーに乗ったのだが、その時タクシーの運転手から出る話題が見事に一緒だった。

「黒田博樹の男気について」。

 広島のタクシー協会から、お題が出されているのではないかと思うほど、どのタクシー運転手の口からもその話題が出た。批判する類のものはもちろん皆無。称賛の嵐だった。それはそうだろう、大リーグの他球団からの高額オファーを蹴り、古巣広島カープの復帰を決めた黒田博樹の男気に男が惚れていた。内容も、「それはみんな知っているよ」的なエピソードから、「そのドキュメンタリー番組は私も見たよ」的なものや「なんでそんなこと知っているの? その現場にいたの?」的なネタ。そして、「話が膨らみまくって、さらに運転手さん盛っているでしょ?」的なものまで盛りだくさんだった。

 それにしても、「黒田博樹の男気について」を語るおじさんたちは、本当にいい表情をしていた。任侠映画を見た後に、少し強くなったような気がして、肩で風を切って歩くがごとく、おじさんたちの顔にも、昔から持っていた男気が復活したのか、ブームに乗ったにわか男気かはわからないが、男気が上乗せされて、男前になっていた。

 あれから、2カ月以上経った。男気メーターがアップしているならいいが、もし男気メーターがダウンしているなら、東京Vのゲームをオススメしたい。東京Vの25番、平本一樹には男気が溢れまくっている。

 黒田博樹もそうだが、平本もシャイだ。まずこれが男気ポイントが高い。人前でベラベラしゃべらないのがいい。ウケを狙ってみたり、無理にテンションを上げたりしない。ゆえに、少し不器用な感じがする。これも、男気ポイントをさらに上げる。小器用に人付き合いして、揉み手で人のおこぼれを預かろうという雰囲気がまるでない。自分のケツは自分で拭く感が強い。そうすると、背中に生き様がにじみ出てくる。黒田博樹がマウンドに立っている時の背中。平本一樹がドリブルで中央突破を始めた時の背中。チームのメンバーにその背中が雄弁に語りかけているのだ。

 そんな生き様、闘い様が印象的だったのが、J2第17節の岡山vs東京Vの一戦だった。岡山のディフェンスラインの中央には岩政大樹が君臨する。強い。相手のフォワードをあの手この手で叩き潰す。しかし、平本一樹は逃げなかった。戦いを挑んで、一歩も引くことがなかった。サイドに流れれば、ボールを受けることはできる。少し中盤に下がって、楽に受けることもできるだろう。しかし、一切逃げなかった。勝とうが負けようが、競り合い、体をぶつけて戦いまくった。

 東京Vにはユース出身の若い選手が多い。若い選手は見ていただろう。平本アニキの戦いぶりを。もし、競り合いの場面で逃げていたら、腰が引けたところを少しでも見せていたなら、アニキはアニキでなくなる。だけど、その闘う姿は無言のメッセージとなり、若い選手に伝わっていった。このゲームはシュートが少なく、パスが華麗につながりまくるようなシーンも少なかったが、東京Vの選手たちの球際の激しさ、ボールへの執着心は素晴らしく、感動的だった。そして彼らの闘争心に火をつけたのは、間違いなく平本一樹の男気だった。

 戦術もシステムもテクニックも大事だけれど、男ばかりの集団では、こういうことが一番大事だったりする。スタジアムで、平本一樹の男気を是非感じてもらいたいし、飛田給周辺のタクシーの運転手の方には、「平本一樹の男気について」をしゃべりまくってもらいたい。

予想難易度が高いとされるJ2は、toto当せんのカギを握る重要な要素の一つ。国内サッカー事情に精通した平畠啓史氏がJ2を徹底解剖する!
サッカーくじtoto予想サイト『totoONE』にて、『今週のJ2』が好評連載中。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る