2015.06.07

宇佐美不発のG大阪、ホームで痛恨のドロー…逆転優勝は絶望的に

 2015明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第15節が7日に行われ、ガンバ大阪ヴィッセル神戸が対戦した。



 2位のG大阪は、3日に行われた第10節の延期分で鹿島アントラーズに2-0で勝利。しかし、首位の浦和レッズが柏レイソルと引き分けたため、神戸との一戦に敗れて浦和が勝利した場合には今節にもファーストステージ優勝を奪われる状況となった。

 G大阪にとっては絶対に負けられない一戦。3分、右サイドでFKを獲得すると、遠藤保仁のクロスから今野泰幸がシュートを放ったが、ここはGK山本海人がなんとか防いだ。

 続く20分、宇佐美貴史のパスに抜けだしたパトリックがキーパーと一対一になったが、シュートまでは持ち込めなかった。

 一方の神戸もチャンスを作る。41分、チョン・ウヨンのFKから小川慶治朗がヘディングシュートを放ったが、ここは枠を捉えきれなかった。このまま0-0で前半を折り返す。

 後半立ち上がり、最初にチャンスを迎えたのはG大阪。47分、右サイドの宇佐美がファーサイドにクロスを供給すると、飛び込んだ倉田秋がダイレクトボレー。しかし、ここはわずかにクロスバーの上に外れた。

 攻勢に出るG大阪は、60分に倉田を下げて大森晃太郎を、71分にはパトリックに替えて赤嶺真吾を投入する。

 81分、G大阪がパスワークからチャンスを作ると、ペナルティエリア左でパスを受けた阿部浩之がダイレクトでシュートを放ったが、山本の正面だった。

 その後も猛攻を仕掛けるG大阪。後半アディショナルタイムには途中出場のリンスが決定的なシュートを放ったが、山本が守るゴールを割ることはできなかった。

 このまま試合終了を迎え、0-0のスコアレスドローに終わった。

 次節、G大阪はベガルタ仙台と神戸は浦和とそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
ガンバ大阪 0-0 ヴィッセル神戸

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る