2015.06.06

【予想スタメン】湘南戦は“走力”がポイント…大久保を中心に積極的な姿勢を見せる川崎の守備に注目

今節湘南との“神奈川ダービー”を行う川崎 [写真]=Getty Images

■川崎フロンターレ 前節で清水に大敗も、チームの雰囲気は活発

 前節清水戦での大敗に続き、ナビスコ杯仙台戦では引き分けにより予選敗退。チームとして、なかなか良い流れに持っていけない。だが、その状況が選手達の発奮材料にもなっている。オフ明けの5日の紅白戦では、チーム全体に活発な雰囲気がみなぎっており、「今日はみんな気持ちが入っていた」と選手も口を揃える。

 積極的な姿勢は、守備面で表現されそうだ。これまでは後ろで構えて弾き返していく守りをベースにしていたが、今までよりも高い位置でボールを奪いにいく狙いを打ち出している。具体的には、大久保嘉人を中心に、前線の選手たちが守備のスイッチを前から入れていく形だ。これが機能するかどうかは見どころの一つだ。

 両者のスタイルを考えると、ボールを動かす川崎と走る湘南という構図が予想されることだろう。ただ大久保は、「ウチが勝っているときは、みんな走っている。悪いときは、動きがないから、足元、足元で同じテンポになってしまう」と指摘する。走る湘南相手だからこそ、ボールを動かすことと、走力にメリハリをつけることを忘れないサッカーを心がけることが重要だ。

 顔ぶれとしては、レナトと角田誠もけがにより練習を離脱しているため、出場は微妙な状況となっている。連戦の影響で、疲労の色が濃い中村憲剛も珍しくベンチスタートの可能性がある。連戦最後を勝利で飾りたい。

■川崎予想スタメン
3-4-3
GK
新井章太
DF
武岡優斗
井川祐輔
車屋紳太郎
MF
エウシーニョ
谷口彰悟
森谷賢太郎
小宮山尊信
FW
船山貴之
杉本健勇
大久保嘉人

■湘南ベルマーレ 直上川崎との対戦、近年の戦績は悪くない

 川崎戦の印象は悪くない。2010年にJ1で戦った際はアウェーで2-4、ホームで1-6と、湘南はいずれも複数失点の末に敗れたが、曺貴裁監督のもと、昇格して再度J1に挑んだ2013年は、ホームでは1-1ながら、アウェーでは2-1の逆転勝利を収めた。付け加えるなら、この年はナビスコ杯予選でも対戦し、1-1で引き分けている。J2だった2011年、天皇杯4回戦の1-0の勝利を含め、近年の戦績は悪くない。

 最近のリーグ戦に目を向けると、湘南はここ5試合で2勝3分と負けを知らない。この間わずか1失点という数字が示すように、とりわけ守備の安定が見逃せない。0-3で敗れた第9節名古屋戦をはじめ、複数失点を喫したこれまでの反省からリスクマネジメントの意識がより高められ、結果に表れている。一方、前節の広島戦やナビスコ杯新潟戦など、チャンスをつくりながらもゴールに届かなかった攻撃の詰めの精度は課題と言えよう。同FC東京戦で6本に終わったシュートの意識も高めていきたい。

 今節は開幕からリーグ戦フル出場を続けてきたキャプテンの永木亮太が累積警告で出場停止となる。川崎から期限付き移籍している可児壮隆も含め、中盤の構成に注目したい。チームとしては現在上位につけているライバルから勝ち点3を奪えていないだけに、順位がひとつ上の川崎に勝つことで、さらに上の景色を見たい。(隈元大吾)

■湘南予想スタメン
3-4-2-1
GK
秋元陽太
DF
遠藤航
アンドレ・バイア
三竿雄斗
MF
藤田征也
菊地俊介
石川俊輝
菊池大介
大竹洋平
高山薫
FW
大槻周平

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
76pt
大分
75pt
町田
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る