2015.05.29

【予想スタメン】若い力が苦境の清水を救うカギ…リーグ最多失点もDF陣に復調の兆し

奮起が期待されるピーター・ウタカ [写真]=Getty Images

■清水エスパルス 決定力の波をなくすことが重要な課題

 第11節でようやく今季2勝目を挙げた後、波に乗れずに2連敗を喫し、最下位新潟と同勝ち点の17位に沈んだ清水。失点もリーグ最多となり、「失点を減らす」という今季の大目標が遠のいている。

 その原因としては、DF陣にけが人が続出していることも大きいが、今節はヤコヴィッチが出場停止から戻り、犬飼智也も水曜日のナビスコ杯神戸戦で実戦復帰。その神戸戦では福村貴幸が3バックのセンターとして見事なラインコントロールを見せ、村松大輔も復帰間近で、DF陣に厚みが出てきた。4失点した前節湘南戦では高いDFラインの裏をとられる場面が目立ったが、川崎も裏を突くのが得意なチームだけに、その対策も急務になる。

 また、神戸戦では平均年齢21歳代の若い力が躍動し、今季初の逆転勝ちと結果も出した。その中で結果を出した選手をリーグ戦組にどう融合させ、チーム力の向上につなげていくかという点も注目される。

 攻撃に関しては、リーグ戦の直近3試合ではシュート数で相手を上回っており、チャンスは作れている。湘南戦でもピーター・ウタカが1人で7本シュートを放っており、そのうち3回は完全な決定機。本来ならば、その中で1、2点は決められる選手なので、今節の奮起に期待したい。

 チームとしても、決定力のある試合とない試合の落差が大きく、その波を小さくしていくことも大きな課題。現在の苦境を乗り越えるためにも、攻撃陣がコンスタントに力を出せるようになることが重要になる。(前島芳雄)

■清水予想スタメン
3-5-2
GK
杉山力裕
DF
ヤコヴィッチ
福村貴幸
松原后
MF
河井陽介
大前元紀
六平光成
竹内涼
ミッチェル・デューク
FW
長沢駿
ピーター・ウタカ

■川崎フロンターレ 大久保不在は痛手も、チームのムードは良好

 この試合のトピックとなるのは、得点源である大久保嘉人の出場停止だろう。当然ながら、攻撃の核である大久保の不在は痛手である。ただチームはそこまでナーバスになっていない印象だ。中村憲剛は「いてくれるに越したことはないけど」と前置きをした上で、「入ってきた選手が良さを出そうとしているし、やるしかないという雰囲気にチームがなっている」と口にする。

 その雰囲気を生み出しているのが、日本代表候補杉本健勇の存在だろう。前節鳥栖戦と、ナビスコ杯横浜FM戦と2戦連続での決勝弾を記録。公式戦直近4試合で4得点と絶好調だ。「嘉人さんがいない分、自分がもっとやらなあかんと思っている。いなくても同じ質のサッカーをやれることを示していきたい」と杉本本人も力強く宣言。ノッテる男の連発弾で公式戦3連勝を飾れるか。注目だ。

 攻撃陣では移籍後初得点を目指す船山貴之も鼻息が荒い。決定機には何度も顔を出しているものの、フィニッシュだけが決まらない状況が続いているが、「焦らないことですね。みんなが(初得点を)待ってくれているので」と本人。杉本に視線が集まる試合だけに、伏兵船山にも期待したい。

 けが人も多く、大久保も欠場だが、レナトと車屋紳太郎が復帰しているのは心強い材料だ。清水とは今季ナビスコ杯で対戦し、快勝していることもあり、苦手意識はない。しっかりと勝ち点3を手中におさめたい。(いしかわごう)

■川崎予想スタメン
3-4-3
GK
新井章太
DF
武岡優斗
角田誠
谷口彰悟
MF
エウシーニョ
中村憲剛
森谷賢太郎
車屋紳太郎
FW
船山貴之
杉本健勇
レナト

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
48pt
FC東京
40pt
川崎F
39pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る