2015.05.29

【予想スタメン】“浦和キラー”の豊田封じで鬼門突破へ…鳥栖を退けJ1・1st優勝に前進なるか

豊田封じのカギとなる槙野 [写真]=Getty Images

■サガン鳥栖 エース豊田の活躍で1stステージ優勝に望みをつなぐ

「今季こそ、クラブ初のタイトルを!」という目標を掲げている鳥栖。しかし、今節の結果が引き分け以下に終わってしまうと1stステージ優勝の可能性が無くなってしまう。勝たなければならないというプレッシャーの中で、いつも通りの戦いぶりを見せられるかがポイントになる。

 前節の川崎戦ではサイドで数的優位を作られ、3失点を喫して敗れた。同じシステムの浦和戦を控えてキャプテンの藤田直之は「映像を見てサイドの守備を整理した」と話したが、鳥栖自慢の堅守をこの試合で発揮できるかどうか。DFラインの素早いスライドやボランチのサイドでの守備もこの試合の勝敗を分けるファクターになる。

 一方の攻撃に目を向けると鳥栖はホームのベストアメニティスタジアムで行なわれた浦和とのJ1リーグ戦を2勝1分と負けていない。しかも、その3戦で8得点を挙げている。中でも豊田陽平はそのうちの5得点をマークしている浦和キラー。ここまで得点ランク1位タイの10得点を上げている鳥栖のエースが、これまでどおりの活躍を見せれば鳥栖は勝利に近付くことができる。「今までどおり自分たちの良さを出せればいい」と、この試合に向けて話した。

 この大事な一戦のために、27日に行なわれたナビスコ杯第6節甲府戦で主力を温存した鳥栖が、今季リーグ戦無敗の浦和に初黒星をつけるために一丸となって自慢のハードワークを見せる。(荒木英喜)

■鳥栖予想スタメン
4-2-3-1
GK
赤星拓
DF
丹羽竜平
菊地直哉
谷口博之
吉田豊
MF
高橋義希
藤田直之
水沼宏太
池田圭
キム・ミヌ
FW
豊田陽平

■浦和レッズ 那須や槙野らの空中戦がカギとなる

 G大阪、FC東京といった難敵を撃破してきた浦和は、前節も鹿島を2-1と退けたことで1stステージ1位への視界がいよいよ開けてきた。だが、次の試合はアウェーの鳥栖戦。ベストアメニティスタジアムでの一戦は、ペトロヴィッチ監督就任以降で1分3敗と苦手としている。一昨年はリーグタイトルへの最後の望みを断たれ、昨年も後半アディショナルタイムの失点が首位陥落を招いて優勝を逃すターニングポイントになるなど、彼の地では悪い思い出が強く残っている。まさに“鬼門”と呼ぶべき舞台だが、そこで結果を出せればもう怖いものはないとも言える。

 注意すべきはやはり豊田陽平になる。鳥栖のエースはミシャレッズとのリーグ戦6試合で6ゴールと“レッズキラー”ぶりを発揮。那須大亮や槙野智章といったヘディングに強い選手がどれだけ空中戦で自由を与えないかが鍵を握るだけでなく、セカンドボールの奪い合いで優位に立つことも求められる。

 連携プレーが試合を重ねることに磨かれているのは好材料であり、特に1トップ2シャドーの組み合わせに困るほど前線のメンバーが好調なのも頼もしい。自信を深めているコンビネーションプレーで鬼門を克服できるか注目だ。(totoONE編集部)

■浦和予想スタメン 
3-4-2-1
GK
西川周作
DF
森脇良太
那須大亮
槙野智章
MF
関根貴大
柏木陽介
阿部勇樹
宇賀神友弥
李忠成
武藤雄樹
FW
興梠慎三

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る