FOLLOW US

右ひざ負傷の大分FW永井龍、じん帯損傷で約8週間の離脱と発表

 26日、大分トリニータは17日に行われた明治安田生命J2リーグ第14節の水戸ホーリーホック戦で負傷したFW永井龍の診断結果を発表した。

 大分市内の病院で検査を受けた同選手は、右ひざ内側側副じん帯を損傷していることが明かされ、全治約8週間と診断された。同クラブは経過を見ながらリハビリを実施することも伝えている。

 永井は今季のJ2でこれまで9試合に出場し2得点を挙げている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO