FOLLOW US

【予想スタメン】首位浦和と2位FC東京が激突…タイトルの行方を占う頂上決戦を制すのは

首位浦和(上)と2位FC東京(下)が激突する [写真]=Getty Images

浦和レッズ 精神的な甘さ排除で首位を守る

 首位を走る浦和は前節、これまでリーグ戦で3戦全敗だった鬼門のアウェー仙台戦を4-4の引き分けで乗り切り、開幕からの無敗記録を10試合に伸ばした。ただ、苦手のユアテックスタジアム仙台で負けなかったのことは良かったものの、一時は3-1と2点をリードしていた。「ふわっとしてしまった」という声が選手からも聞こえてきたように、優位な状況で気が緩んでしまったのはいただけない。試合を落ち着かせれば良かったところで、わざわざ相手のオープンな戦いに応じてしまったのは油断以外の何ものでもない。1stステージ1位を目指す上では、そういった精神的な甘さを排除していく必要がある。

 ACLのブリスベン戦で復帰後即ゴールを決めた興梠慎三が、Jリーグ復帰戦となった仙台戦でも2ゴールとさっそく存在感を示したのは心強い。1トップではズラタンが前線の起点として機能しているが、仙台戦で鼻骨を骨折。練習ではフェイスガードをつけてプレーするなど戦う準備を進めているが、興梠復帰により選択肢が増えたことは大きい。

 FC東京とは、ペトロヴィッチ監督が就任してからリーグ戦では1勝4分1敗と拮抗した戦いが続いている。今回は首位と2位の頂上対決でもあり、やはり緊迫した接戦になることが予想される。(totoONE編集部)

■浦和予想スタメン
3-4-2-1
GK
西川周作
DF
森脇良太
那須大亮
槙野智章
MF
関根貴大
柏木陽介
阿部勇樹
宇賀神友弥
梅崎司
武藤雄樹
FW
ズラタン

FC東京 代表合宿で負傷した武藤の状態に不安が残る

 前節は鹿島に一瞬のスキを突かれ、その後は守備を固めた相手を打ち破ることができず、今季2度目の無得点。リーグ戦連勝は「4」でストップした。それでもホームの大声援を受けて攻め込み、諦めない姿勢を発揮。途中出場の前田遼一が決定的なシュートを放つなど、「悲観する内容ではなかった」と、選手たちは顔を上げる。

 鹿島戦では、7連戦の影響を受けて動きにキレがなかった。それでも総走行距離はリーグトップ。走り抜くことをチームのベースにしているだけに、今節に向けて1週間の回復、準備期間があったことをプラスにしたい。

 首位浦和との“直接対決”について、マッシモ・フィッカデンティ監督は「今季一番の重要な試合になる」と語る。米本拓司も「もしここで敗れると優勝は限りなく難しくなる」と続け、この試合に懸けるモチベーションは相当に高い。

 ただし、武藤嘉紀が12日、日本代表のトレーニングキャンプで右足を打撲。チームに戻った14日も戦術確認には参加したが、全体練習を行わずに検査に直行した。フィッカデンティ監督は、「大事に至らないことを願っている。ただし、今週はトレーニングができていないことも事実」と現況を説明し、その状態に不安が残る。

 また、埼玉スタジアムでは、2004年以降10戦未勝利のFC東京。またしても鬼門を迎えることになるが、今季のアウェーゲームは5連勝中。互いに失点の少ないチーム同士の対戦となるため、集中力が勝負を分けることになるだろう。(totoONE編集部)

FC東京予想スタメン
4-3-3
GK
権田修一
DF
徳永悠平
カニーニ
森重真人
太田宏介
MF
三田啓貴
梶山陽平
米本拓司
FW
東慶悟
前田遼一
武藤嘉紀

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA