2015.05.10

G大阪がリンス弾で上位対決制す…広島は攻勢実らず連勝5で止まる

 2015明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第11節が10日に行なわれ、サンフレッチェ広島とガンバ大阪が対戦した。

 リーグ戦5連勝中で3位につける広島。対して4位のG大阪は、第9節(ACLのため第10節は未消化)で浦和レッズに敗戦し連勝が6で止まっていた。7日に発表された国内合宿に臨む日本代表候補メンバーから、広島はDF水本裕貴とDF塩谷司がスタメンで、FW浅野拓磨がベンチスタート。G大阪は、GK東口順昭、DF丹羽大輝、MF今野泰幸、FW宇佐美貴史が先発出場している。

 試合は開始直後から広島がチャンスを迎える。1分、左サイドの柏好文からのクロスに、ニアサイドで柴崎晃誠がヘディングで後ろに逸らすと、シュートはクロスバーに直撃。さらに17分、エリア手前の中央から野津田岳人が得意の左足を振り抜くが、シュートは東口がわずかに触りクロスバー上に外れた。その直後のCKの流れから野津田のパスを受けた清水航平がエリア内左からシュートを放つが、これも東口に阻まれた。

 G大阪は24分、左サイドからのスローインから、リンスがエリア内左の深いところから折り返しを入れるが、中央の選手には合わない。広島は44分、柏からのパスをエリア手前右で受けた青山敏弘が、ワントラップから右足を振り抜くと、シュートはゴール左隅を突くが、東口の好セーブに阻まれた。前半は、広島が主導権を握ったが、得点は奪えずスコアレスで折り返した。

 後半に入って57分、広島は敵陣中央の右でFKを獲得と、柴崎が少し動かして、野津田が左足を振り抜くが、シュートは枠を捉えられない。広島は59分、佐藤寿人を下げて浅野をピッチに送り出し、先制点を狙う。だが60分、一瞬の隙からG大阪が先制に成功する。敵陣中央で獲得したFKの流れから、クリアに行った広島DFが重なり、中途半端になったこぼれ球を岩下敬輔が頭で中央に送る。そこにフリーのリンスがヘディングで押し込んでゴールを奪った。

 同点ゴールを奪いたい広島は66分、清水に代えてミキッチを投入。G大阪は67分、エリア手前中央で大森晃太郎がこぼれ球をダイレクトで狙うが、GK林卓人にキャッチされた。広島は69分に、左サイドの野津田のクロスに、ニアで浅野が頭で合わせるが、相手DFのブロックにあった。

 G大阪は70分、リンスを下げて倉田秋を投入。74分、エリア手前左でFKを獲得した広島は、塩谷が直接狙うが、シュートはわずかに枠の左に逸れた。その後、広島は野津田に代えてドウグラスを投入し最後のカードを使う。76分、左サイドのパス交換から、倉田がエリア内左に抜け出して、角度のないところからシュートを放つが、右ポストに弾き返された。

 81分に広島は、左CKから柴崎のボールに、中央の水本が頭で合わせるがクロスバー上に外れる。G大阪は83分、阿部浩之に代えて小椋祥平を投入。85分に広島は、エリア前の右寄りでFKを獲得すると、青山が直接狙うが、シュートは枠を捉えられなかった。G大阪は86分に宇佐美を下げてパトリックをピッチに送り出した。

 広島は89分、エリア前の右寄りから塩谷が右足を振り抜くと、強烈なシュートはゴール右隅に飛ぶが、東口に弾き出された。さらに、後半アディショナルタイムに入って93分、エリア内の混戦から、ゴール前でドウグラスが倒れ込みながらも、オーバーヘッドで狙うが、シュートに力はなく東口にキャッチされた。

 G大阪は94分、エリア内左でフリーの大森がシュートを放つが、林の好セーブに阻まれた。試合を決定づけることはできなかったが、このままタイムアップ。1-0でG大阪が広島との上位対決を制し、3位に浮上した。

 16日に行われる次節は、広島が鹿島アントラーズと、G大阪が川崎フロンターレと対戦する。

【スコア】
サンフレッチェ広島 0-1 ガンバ大阪

【得点者】
0-1 60分 リンス(G大阪)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る