2015.05.10

8ゴールが乱れ飛ぶ熱戦はドロー決着…浦和の連勝は4でストップ

 2015明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第11節が10日に行なわれ、ベガルタ仙台と浦和レッズが対戦した。

 消化試合数が1試合少ないながら首位に立つ浦和。第9節のガンバ大阪戦では首位攻防戦を制し、ファーストステージ制覇に一歩前進した。また、5日に行なわれたAFCチャンピオンズリーグのブリスベン・ロアー戦では、控え中心のメンバーながらしっかりと勝利を挙げ、リーグ戦に弾みをつけている。一方、仙台は公式戦6連敗中と厳しい状況に立たされている。しかし、ホームのユアテックスタジアム仙台では浦和に3戦3勝と相性の良さを見せており、ここで連敗を止めたいところだ。

 試合が動いたのは8分、仙台がカウンターから左サイドを突破すると、野沢拓也が左足でアーリークロス。中央の金園英学には合わなかったが、ファーサイドのキム・ミンテが右足ボレーシュート。これがゴール左下に決まり、仙台が先制に成功した。

 早い時間に先制されてしまった浦和。10分、左サイドから宇賀神友弥が持ち上がると、低いクロスが逆サイドの関根貴大の足下へ。右足でシュートを狙ったが、ここはゴール左に外れてしまった。

 さらに34分、左サイドを突破した武藤雄樹が中央へ折り返しのボールを送ると、ニアのズラタンがスルーして梅崎司がダイレクトシュート。しかし、ここはGK六反勇治の正面だった。

 このまま1点差で折り返すかと思われた前半アディショナルタイム1分、浦和が左CKを獲得すると、クロスボールのこぼれ球を阿部勇樹がミドルシュート。これが相手DFに当たってコースが変わると、六反は反応できずにゴールイン。浦和が同点に追いついて前半終了を迎える。

 浦和はハーフタイムにズラタンと梅崎を下げ、後半から興梠慎三と李忠成を投入した。

 後半立ち上がり、浦和が猛攻に出る。55分、左CKを獲得すると、柏木陽介が上げたクロスをニアの阿部が後ろにすらす。ファーサイドに飛び込んだ興梠がこれを押しこみ、浦和が勝ち越した。

 直後の56分、カウンターから李がペナルティエリア右にドリブルで侵入し、右足シュート。ここは六反が弾き返したが、こぼれ球を関根がゴール左に蹴りこみ、一気にリードを広げた。

 一転して苦しい立場に追い込まれた仙台も反撃に出る。58分にハモン・ロペス、59分に奥埜博亮を投入して反撃を試みる。60分、ペナルティエリア右の菅井直樹がヘディングで中央へ折り返すと、ゴール前に飛び込んだ奥埜が右足で蹴りこみ1点差に迫った。

 さらに65分、梁勇基が左CKからクロスを供給するとニアで相手DFが触ったが、ボールはそのままファーへ届く。これを渡部博文がヘディングで決めて仙台がまたしても試合を振り出しに戻した。

 勢いが止まらない仙台。80分、ペナルティエリア右から奥埜、富田晋伍とパスを繋ぎ、梁へラストパス。梁はワンフェイントから左足シュートを決め、勝ち越しに成功した。

 負けられない浦和も追いすがる。直後の81分、武藤がペナルティエリア内で折り返しのパスを送ると、興梠がこの日2点目のゴールを決めてまたしても同点とした。

 このまま試合終了を迎え、4-4のドロー決着となった。浦和の連勝は4で止まった。一方、仙台はリーグ戦の連敗を4で止めている。

 次節、仙台は敵地でアルビレックス新潟と、浦和はホームでFC東京と対戦する。

【スコア】
ベガルタ仙台 4-4 浦和レッズ

【得点者】
1-0 8分 キム・ミンテ(ベガルタ仙台)
1-1 45+1分 阿部勇樹(浦和レッズ)
1-2 55分 興梠慎三(浦和レッズ)
1-3 56分 関根貴大(浦和レッズ)
2-3 60分 奥埜博亮(ベガルタ仙台)
3-3 65分 渡部博文(ベガルタ仙台)
4-3 80分 梁勇基(ベガルタ仙台)
4-4 81分 興梠慎三(浦和レッズ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ホッフェンハイム
14pt
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る