FOLLOW US

川崎、物品の投げ込みを行った観客に4試合の入場禁止処分を発表

川崎フロンターレイレブン [写真]=Getty Images

 川崎フロンターレは8日、ホームの等々力陸上競技場においてフィールド上に物の投げ込みがあったとして当該行為を行った観客に4試合の入場禁止処分を科すことを発表した。

 クラブによると、6日に行なわれた2015明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第10節のサンフレッチェ広島戦の試合終了後に、フィールド上に物品の投げ込み行為が行なわれたという。行為者は特定された模様で、アウェー開催のリーグ第11節の名古屋グランパス戦、第12節のガンバ大阪戦、ホーム開催のヤマザキナビスコカップ予選リーグ第5節のモンテディオ山形戦、リーグ第13節のサガン鳥栖、合計4試合の入場禁止処分を科した。

 他の観客は警備員による当事者確保に協力したようで、「おかげさまで当該行為以上のトラブルには発展せず、ご来場の皆様の安全も確保できました。ご協力くださった皆様に、心より感謝申し上げます」と感謝のコメントを発表。

 続けて「今後もより安全・快適な会場運営に尽力いたします。皆様のご理解とご協力を、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます」と、再発防止に努めることを明かしている。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA