2015.05.02

最強のほこたて対決は想定外の展開に…勝負を決めたのはFC東京の懐刀

武藤嘉紀
決勝ゴールを決めた武藤嘉紀 [写真]=兼子愼一郎

文=青山知雄

 裸一貫で守りを固めることになった“最強の矛”に対し、逆襲を求められた“最強の盾”には勝負を決める懐刀があった。

 リーグ最多得点の5位川崎フロンターレを、リーグ最少失点の3位FC東京が迎え撃った“最強のほこたて”対決。明治安田生命J!リーグ1stステージの前半戦折り返しとなる第9節の“多摩川クラシコ”は、首位・浦和レッズ追撃を懸けた熾烈なサバイバルマッチとなった。

 21分、川崎は大久保嘉人がカズ(三浦知良/横浜FC)の記録を超えるJ1通算140ゴール目となるヘディングシュートで先制点を奪う。思わぬ形で“最強の盾”を破られたFC東京はその後、球際の強さや自陣ゴール前での素早い寄せで相手の自由を封じるが、前半終了時にゴール裏サポーターから「シュート打て!」コールが飛ぶほどノーチャンスの展開。粘り強いゲームを見せる中でもカウンターから好機を見いだすことができず、1点のビハインドでハーフタイムを迎えた。

「苦しい流れでも1失点で耐えられたことが大きかった。そうすればハーフタイムに監督が修正してくれる」

 前半を振り返った吉本一謙は「マジで監督の引き出しはスゴイんですよ」と続けたが、この日もマッシモ・フィッカデンティ監督は後半へ臨むチームに自信を与えた。「前半は予想どおりの展開。相手は運動量が落ちる。守備も攻撃も前から仕掛けていこう。間違いなく逆転できる」と。

 そして後半、武藤嘉紀の突破を止めにかかった車屋紳太郎が64分に退場処分を受けると、流れは一気にFC東京へ傾き、“ほこたて”の立場が逆転する。

 川崎は高い得点力を持つ反面、セットプレーからの失点が多く、守備面に不安を抱えていた。そこで数的不利を強いられ、前線の枚数を減らしたことで“最強の矛”を失い、守りを固めてカウンターを狙う展開を余儀なくされてしまう。

 一方、4万2000人の大観衆に後押しされて逆転を狙うFC東京は、ゴールをもぎ取るべく逆襲に出る。ここまで“最強の盾”を武器に結果を出してきたが、リスクを負って前に出ることを選択した。そして堅守がフィーチャーされる中、彼らには緊迫したゲームで勝利を引き寄せてきたセットプレーという“懐刀”があった。

 71分に右サイドで得たFKのチャンス。これを「間接視野で西部(洋平)さんの重心が動いたのが分かったので、瞬間的に逆を狙った」という太田宏介が左足でカベの外側を巻く直接FKを決めて同点とする。

 87分には左サイドで粘り強くキープした武藤が倒されてファウルをもらうと、このFKを太田が左足で中央へ送り、ニアへ飛び込んだ武藤が豪快に頭で合わせて、ついに試合をひっくり返した。殊勲のヒーローが「逆転の雰囲気を作ってくれた」と振り返ったように、完全にFC東京の押せ押せムードだったスタジアムは、エースの一発で大興奮に包まれた。

 これで3連勝のFC東京はリーグ2位に浮上。優勝戦線に生き残るために必要な勝ち点3を、リスクを背負って攻撃的に戦い、自らもぎ取った価値は大きい。戦前の予想とは全く逆の展開となったが、これまでのように守りを固めて勝負強さを見せるだけでなく、積極的にゴールを取りに行けることを証明した。

「負けないトーキョー」から「勝ち切るトーキョー」へ。ここから激化するであろう1stステージの優勝争いに、FC東京が力強く名乗りを上げた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る