2015.05.01

【J1・1st第9節予想スタメン 鳥栖vs神戸】神戸が今季ホーム戦無敗の鳥栖と対戦…冴え渡る“ネルシーニョ采配”も注目ポイントの一つ

リーグ戦10位につける神戸が6位鳥栖と対戦 [写真]=Getty Images

■サガン鳥栖 4試合連続ゴールの豊田の活躍に期待

 前節、湘南に4失点で完敗した鳥栖。アウェーで鳥栖らしい堅守を出せずに大量失点で敗れたことを教訓にできるかどうかが、今節のポイントになる。相手の時間帯をいかに凌ぎ、良い守備から良い攻撃につなげる鳥栖のスタイルを出せるか。

 今節の相手となる神戸には、J1リーグ戦4試合で3勝1分と負けなし。鳥栖がハードワークに基づいた球際の強さ、ゴール前で体を投げ出すなど献身的に守る姿を取り戻せば、自ずと勝利に近づくはずだ。それだけに前節から中2日で迎える今節はハードワークするための体力をどこまで回復できたか、また森下仁志監督のベンチワークもカギを握る。

 ほかに注目点を挙げるなら、GK林彰洋の状態。湘南戦をけがで回避した守護神が出場できるかどうかも鳥栖の守備に関係してくる。その一方で、攻撃は機能している。特に湘南戦でも2得点を挙げたセットプレーは大きな武器。FKやCKに加え、藤田直之のロングスローも相手にとって脅威となる。エース豊田陽平も4試合連続ゴールと好調を維持しているだけに、セットプレーはもちろん、流れの中でも彼にボールを集めることができれば得点の可能性は高まる。今季ホーム戦4勝2分と6戦無敗の鳥栖が、その記録を継続できるか。それは持ち前のハードワークに加え、豊田の活躍と守護神林の復帰に懸かっている。(荒木英喜)

■鳥栖予想スタメン
4-2-3-1
GK
林彰洋
DF
丹羽竜平
菊地直哉
キム・ミンヒョク
吉田豊
MF
谷口博之
藤田直之
水沼宏太
池田圭
キム・ミヌ
FW
豊田陽平

■ヴィッセル神戸 負傷者続出で厳しい台所事情、指揮官の手腕に注目

 前節ではセットプレーから決められた1失点に泣き、苦手の名古屋に敗戦。公式戦8試合ぶりの黒星を喫した。主将のチョン・ウヨンが出場停止、司令塔の森岡亮太が負傷欠場と、チームに不可欠なゲームを作ることのできる主軸2選手が不在だった影響は、想像以上に大きかった。

 今節はチョン・ウヨンが復帰を果たすも、森岡だけでなく、増川隆洋、フェフージン、安田理大、ペドロ・ジュニオールなど、別メニュー組が多数いる現状なだけに、台所事情は苦しい。それでも、前々節から高橋祥平、前節から渡邉千真という今季の頼もしき新戦力が、それぞれ復帰しているのは明るい材料だ。また、田代容輔など若手を惜しみなく起用している思い切った采配や、試合中での修正力など、ネルシーニョ監督のタクトは相変わらず冴え渡っている。

 今回もタイトな日程のなかで、名古屋に続いてセットプレーや空中戦を得意とする鳥栖が相手となるが、手駒を上手く活用できる指揮官の下で、前節からどのように修正を図るのかは楽しみなところ。タフにハードワークするスタイルでは鳥栖に一日の長があるだけに、そこをいかにかわしていくか。試合の勝敗を左右するポイントの一つになるだろう。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
3-4-3
Gk
山本海人
DF
岩波拓也
チョン・ウヨン
高橋祥平
MF
高橋峻希
田中英雄
三原雅俊
相馬崇人
MF
マルキーニョス
渡邉千真
小川慶治朗

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る