2015.05.01

【J1・1st第9節予想スタメン 松本vs新潟】GW連戦は勝ち点積み上げのチャンス…松本が持ち味の運動量で“走力戦”を制す

松本は持ち味の運動量を生かし、勝ち点を手にできるか [写真]=Getty Images

■松本山雅FC 主力組のコンディション面が気掛かり

 松本は第7節に待望のホーム初白星を飾ったものの、前節はG大阪に0-1。前半16分、警戒していたはずの宇佐美貴史、パトリックのコンビによる鮮やかなカウンター一発に泣いた。運動量の差が出た後半に猛反撃を仕掛けたものの、岩上祐三のヘッドが好セーブに遭うなどで押し切れず。矢継ぎ早に切った攻撃的な交代カード3枚も、試合を動かすには至らなかった。「J1は分かっていてもやられる」。反町康治監督が再三口にしてきた部分が、またしても勝ち点を左右した格好だ。

 それでも練習中のチームに暗い雰囲気は漂っておらず、すでに次戦へ気持ちを切り替えている様子。というのも、走力に活路を求める松本にとって、ハードな連戦こそ強みが生きる時だからだ。「100%のコンディションには戻らない」(反町監督)という中2日のゲームでも、相手を上回れるだけの自負がある。「ここで力を発揮しなければ、合宿は何だったのかという話だ」と指揮官。ホームで行うことも加味すれば、コンディション面においては松本に分があるはずだ。

 運動量が天井知らずとはいえ、不安要素はある。オビナ、岩間雄大、後藤圭太の3人は18日の第6節からナビスコ杯を含めて4試合とも出場し続けているため、疲労が気掛かり。特にオビナは1トップとしての力量がチーム内で突出しており、不在だと攻撃面での大幅なパワーダウンは否めない。3バック左で堅実な守りを続けてきた酒井隆介の出場停止も痛い。(長谷川遼介)

■松本予想スタメン
3-4-2-1
GK
村山智彦
DF
飯田真輝
後藤圭太
坂井達弥
MF
田中隼磨
岩間雄大
喜山康平
岩沼俊介
岩上祐三
前田直輝
FW
オビナ

■アルビレックス新潟 セットプレーからの失点克服で低迷からの脱出を狙う

 ボールに触れず得点を許したリーグ戦の鹿島戦にはじまり、公式戦5試合連続でセットプレーから失点している。前々節のG大阪戦は、直接FKをキャッチしたGK守田達弥がフィード直前に背後から宇佐美貴史にボールをさらわれ、ゴールを奪われる失態を演じた。リスタートでいっそう集中しないことには、低迷からなかなか抜け出せないだろう。

 もっとも、すべてが低調なわけではない。前節も87分の失点時が、後半初めて許したシュートの場面。これに対して新潟は後半だけでシュート10本だった。

 決定機を物にすべきという課題はある。だが、カウンター狙いのFC東京に、90分通して流れからチャンスを許さなかった守備とリスクマネージメント、ゴール前を固められながら両サイドバックが絡んでチャンスを作った攻撃のバリエーションと、手応えのあるゲームコントロールができつつある。

 体調不良で欠場した山本康裕に代わり、左サイドハーフで先発したベテランの成岡翔がセカンドボール確保で持ち味を発揮するなど、チーム力の高さも感じられた前節。今節はラファエル・シルバが出場停止だが、他のFW陣が奮起しているのはいうまでもない。

 なかなか安定しない守備を考えると、システム的にかみ合わない松本の1トップ対策は難題になりうる。連敗中ながら感じられる復調傾向を加速させるか。重要な意味を持つ一戦だ。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
守田達弥
DF
川口尚紀
舞行龍ジェームズ
大野和成
コルテース
MF
小泉慶
レオ・シルバ
小林裕紀
成岡翔
FW
鈴木武蔵
山崎亮平

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
3pt
ハダースフィールド
3pt
マンチェスター・C
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
アスレティック・ビルバオ
0pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
46pt
C大阪
44pt
横浜FM
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
59pt
福岡
55pt
名古屋
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る