FOLLOW US

首位浦和がクラブ記録タイの開幕8戦無敗…2位G大阪は宇佐美が6戦連発/J1・1st第8節

3位に浮上したFC東京 [写真]=嶋田健一

 2015明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第8節が29日に各地で行われた。

 公式戦7連勝中のガンバ大阪は、ホームに松本山雅FCを迎えた。宇佐美貴史のクラブ史上最多タイとなる6試合連続ゴールに期待がかかる中、16分、その宇佐美にゴールが生まれる。宇佐美が高い位置でボールを奪うと、ペナルティエリア右のパトリックにパス。折り返しを右足シュートで合わせネットを揺らした。その後、両チームに新たな得点は生まれず、宇佐美の先制ゴールを守り切ったG大阪が1-0で勝利を収め、公式戦8連勝を飾った。

 4位のFC東京はアウェーでアルビレックス新潟と対戦。前半から新潟が攻勢に出るも、なかなかゴールを奪えない時間帯が続く。新潟は80分、エリア内で鈴木武蔵からパスを受けた山崎亮平のシュートはGK権田修一がセーブ。さらにこぼれ球を小泉慶が詰めるも、権田が立ちふさがった。最大のチャンスを逃すと、87分、ついにFC東京が均衡を破る。右サイドやや遠目の位置で得たFKを太田宏介が蹴ると、林容平が頭で合わせたボールはGK守田達弥にセーブされたが、詰めていた森重真人が流し込んだ。試合はこのまま1-0で終了。勝利したFC東京は3位に浮上した。

 首位を走る浦和レッズは、ナイトゲームで最下位のヴァンフォーレ甲府と対戦。前半をスコアレスで折り返すと、後半は浦和が一方的に攻める展開となる。74分、柏木陽介がペナルティーエリア右からファーサイドへグラウンダーのパスを送ると、走り込んだ梅崎司が角度のない位置から左足で合わせて先制ゴール。4分後には関根貴大がペナルティーエリアで倒されてPKを獲得。ズラタンのキックはGK荻晃太に弾かれたが、こぼれ球を自ら押し込んで追加点を決めた。2-0で勝利した浦和は、リーグ戦3連勝。これで開幕から8試合負けなしとなり、2006年のクラブ記録に並んだ。

 J1ファーストステージ第8節、その他の試合結果は以下の通り。

■J1 1st第7節結果
ベガルタ仙台 1-2 鹿島アントラーズ
川崎フロンターレ 1-4 柏レイソル
アルビレックス新潟 0-1 FC東京
清水エスパルス 3-3 モンテディオ山形
湘南ベルマーレ 4-2 サガン鳥栖
ガンバ大阪 1-0 松本山雅FC
ヴィッセル神戸 0-1 名古屋グランパス
横浜F・マリノス 1-2 サンフレッチェ広島
ヴァンフォーレ甲府 0-2 浦和レッズ

■J1 1st第7節順位表
1位 浦和(勝ち点20/得失点差8)
2位 G大阪(勝ち点19/得失点差8)
3位 FC東京(勝ち点17/得失点差5)
4位 広島(勝ち点16/得失点差4)
5位 川崎(勝ち点14/得失点差5)
6位 鳥栖(勝ち点13/得失点差1)
7位 柏(勝ち点11/得失点差2)
8位 鹿島(勝ち点11/得失点差1)
9位 名古屋(勝ち点11/得失点差1)
10位 神戸(勝ち点11/得失点差1)
11位 横浜FM(勝ち点11/得失点差1)
12位 湘南(勝ち点10/得失点差-4)
13位 仙台(勝ち点9/得失点差0)
14位 松本(勝ち点8/得失点差-3)
15位 新潟(勝ち点6/得失点差-5)
16位 清水(勝ち点5/得失点差-5)
17位 山形(勝ち点5/得失点差-5)
18位 甲府(勝ち点3/得失点差-15)

■J1 1st第9節対戦カード(5月2日開催)
名古屋 vs 湘南
山形 vs 横浜FM
浦和 vs G大阪
鹿島 vs 甲府
柏 vs 清水
FC東京 vs 川崎F
広島 vs 仙台
松本 vs 新潟
鳥栖 vs 神戸


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO