FOLLOW US

太田のFKから森重弾…FC東京が新潟を下しリーグ2連勝

決勝点を決めた森重真人(中央) [写真]=嶋田健一

 29日、2015明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第8節が行なわれ、アルビレックス新潟FC東京が対戦した。

 前節、ガンバ大阪に1-2で敗戦し、1勝3分け3敗で15位につける新潟。一方のFC東京は前節、モンテディオ山形を1-0で下し、今シーズン4勝目を挙げて4位に浮上している。

 立ち上がり6分、FC東京は左サイドで相手DFに競り勝った武藤嘉紀がシュートまで持ち込むも、ゴール右へ逸れる。

 24分には新潟にFKのチャンス。ファーサイドにいた大野和成が左足で蹴りこむも、ゴールを割ることができない。さらに攻勢に出る新潟は、敵陣でボールを奪ったラファエル・シルバが左サイドに流れシュートを放ったが、枠を捉えられず。0-0で前半を折り返した。

 後半に入ると、FC東京は56分に東慶悟に代えて林容平、61分に河野広貴に代えて三田啓貴を投入し、攻撃陣の活性化を図ったが、なかなかシュートまで持ち込むことができない。

 80分には新潟にこの日最大の決定機が訪れる。エリア内で鈴木武蔵からパスを受けた山崎亮平のシュートはGK権田修一がセーブ。さらにこぼれ球を小泉慶が詰めるも、権田が立ちふさがった。

 新潟がチャンスをものにできずにいると、終盤の87分、ついにFC東京が均衡を破る。右サイドやや遠目の位置で得たFKを太田宏介が蹴ると、林が頭で合わせたボールはGK守田達弥にセーブされたが、詰めていた森重真人が流し込んだ。

 結局、この1点が決勝点となり、FC東京は1-0でリーグ2連勝を飾った。

 次節、新潟はアウェーで松本山雅FCと、FC東京はホームで川崎フロンターレと対戦する。

【スコア】
アルビレックス新潟 0-1 FC東京

【得点者】
0-1 87分 森重真人(FC東京


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO