2015.04.24

【J1・1st第7節予想スタメン 松本vs仙台】松本と仙台がJ1の舞台で初対戦…仙台の多々良は古巣戦で結果を残せるか

古巣戦での活躍に期待がかかる多々良(右) [写真]=Getty Images

■松本山雅FC 喜山康平、酒井隆介不在の穴を埋められるか

 山形との昇格組対決となった前節の松本は、スコアレスドローで勝ち点1を分け合った。強風の影響などでボールが収まらず、ラフな展開となった一戦。従って「チームのコンセプトを基盤に置きながらも臨機応変に守る」という課題を克服できてのクリーンシートだとは言い難い。

 念願のホーム初白星を目指す今節も、まずは無失点で抑えることが前提となる。仙台は、手堅い守備とウイルソンの能力を生かした攻撃がかみ合う相手。高い位置から攻撃をスタートさせるためにも、連動してボールを奪い切ることが必須となってくる。前節は重心を下げすぎず守れたため、リーグ初先発の前田直輝が1トップのオビナと良好な距離感を保って攻撃機会を増やした。引きすぎてスペースを与えず、混乱に陥らずに陣形を保てれば少しずつ勝機が広がるだろう。

 とはいえ仙台は「ボールを持たせてくる相手」(反町康治監督)。切り替えと走力が武器の松本にとって、ブロックを崩すのは不得手な作業。前田や石原崇兆ら新加入選手のドリブルが突破口を開く可能性があるほか、セットプレーやカウンターなどでの少ない機会をどれだけ生かせるかが重要だろう。

 あとは100%出し切れるよう状態を整えるのも必要だが、3日前のナビスコ杯広島戦で先発したオビナ、後藤圭太、岩間雄大の疲労が回復しているか未知数。喜山康平、酒井隆介の主力2人が累積警告2枚となったのも不安材料だ。(長谷川遼介)

■松本予想スタメン
3-4-2-1
GK
村山智彦
DF
飯田真輝
後藤圭太
酒井隆介
MF
田中隼磨
岩間雄大
喜山康平
岩沼俊介
岩上祐三
前田直輝
FW
オビナ

■ベガルタ仙台 ナビスコ杯での若手の活躍でチーム内競争が活発に

 仙台はリーグ戦で好調だったが、18日の川崎戦で今季初黒星を喫した。それから中3日のナビスコ杯第4節の清水戦でも敗戦し、公式戦では2連敗。調子が落ちている。この悪い流れを食い止めたいところだ。

 今季の仙台はアウェーで未勝利だが、失った勝ち点3の分も、今節はアウェーでも勝ち点3を狙う必要がある。焦って前掛かりになったり守備がばたついたりしてはならないが、攻める姿勢を忘れてはならない。

 負傷で戦列を離れていた菅井直樹とハモン・ロペスが今週は全体練習に復帰した。彼らが松本戦に間に合うかどうかは不透明だが、チームを活気づける意味でも頼もしい存在であることは間違いない。また、前述のナビスコ杯清水戦では、キム・ミンテのように新たにチャンスをつかんだ若手選手が個の単位で好プレーを披露したこともあった。こうしたチーム内の競争を、プラス面につなげたい。

 チームとしては松本と初めてJ1で戦うが、仙台には多々良敦斗と山本大貴という、昨季まで松本で活躍した選手がいる。多々良は今月に先発出場を続け、DFながらJ1初ゴールも決めた。山本も負傷から復帰して次節に向けてスタンバイ状態にある。彼らの古巣戦にかける強い思いも、勝利につなげたいところだ。

 そして大きな見どころの一つがセットプレー。両チームとも強みにしている部分だが、野沢拓也や梁勇基、茂木駿佑といったキッカーを揃える仙台が、貫禄を見せたい。(totoONE編集部)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
六反勇治
DF
多々良敦斗
鎌田次郎
渡部博文
石川直樹
MF
茂木駿佑
梁勇基
富田晋伍
野沢拓也
FW
奥埜博亮
ウイルソン

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る