FOLLOW US

浦和が怒涛の攻めで逆転勝利し単独首位…横浜FMは5戦ぶりの黒星

同点ゴールを決めた武藤雄樹 [写真]=野口岳彦

 2015明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第6節が18日に行なわれ、浦和レッズ横浜F・マリノスが対戦した。

 前節の川崎フロンターレ戦では、後半アディショナルタイムになんとか追いつき首位を守った浦和。一方の横浜FMは4試合負けなしとなっている。

 最初にチャンスを作ったのは浦和だった。11分、ゴール前でズラタンがボールを受けると、右足でシュートを狙う。しかし、ここはゴール右に外れた。

 一方、アウェーに乗り込んだ横浜FMも決定機を作る。29分、右からアデミウソンがドリブルでゴール前まで持ち込むと、中央に走り込んだ伊藤翔へパス。伊藤がダイレクトでシュートを狙ったが、ここは西川周作が横っ飛びでセーブした。

 続く34分、カウンターから三門雄大がドリブルで、一気に前線へ持ち上がる。三門はDFの裏に抜けだした伊藤にパスを送ると、キーパーとの一対一を制して冷静に流し込み、横浜F・マリノスが先制点を奪った。

 ホームで先制を許した浦和だったが、ここから怒涛の攻めを見せる。42分、柏木陽介がゴール前左でボールを持つと、オーバーラップした宇賀神友弥にスルーパス。宇賀神がダイレクトで折り返し、武藤雄樹がシュート。これが右ポストに当たるが、こぼれ球を武藤自ら押し込み浦和が同点に追いついた。

 さらに前半アディショナルタイム1分、ペナルティエリア内のズラタンがシュートを放つ。ここは榎本哲也が弾き返すが、こぼれ球を拾った関根貴大が中に折り返すと、ゴール前に飛び込んだ梅崎司がヘディングシュート。これがネットを揺らし、浦和がわずか5分で逆転に成功した。このまま2-1で前半を折り返す。

 後半立ち上がり、横浜FMに決定機が訪れる。60分、右サイドの喜田拓也が中央にパスを送ると、三門がスルーして、ペナルティエリア内の伊藤に渡る。ここで伊藤がヒールパスを出し、走り込んだアデミウソンがシュート。しかし、ここは懸命に戻った阿部勇樹がぎりぎりでブロック。スーパープレーが飛び出し、横浜FMに得点を許さない。

 追加点が欲しい浦和も攻める。84分、柏木のパスを受けた宇賀神が左サイドから切り込みシュート。榎本が弾いたこぼれ球を途中出場の李忠成が狙うが、ここはファウルの判定となった。

 このまま試合は終了のホイッスルを迎え、浦和が2-1で横浜FMを下している。浦和はこれで勝ち点を14まで伸ばし、単独首位に立った。一方の横浜FMは5試合ぶりの黒星となった。

 次節、浦和は名古屋グランパスと、横浜FMは湘南ベルマーレと、それぞれホームで対戦する。

【スコア】
浦和レッズ 2-1 横浜F・マリノス

【得点者】
0-1 34分 伊藤翔横浜F・マリノス
1-1 42分 武藤雄樹浦和レッズ
2-1 45+1分 梅崎司浦和レッズ



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO