2015.04.17

【J1・1st第6節予想スタメン 湘南vsG大阪】公式戦4連勝で勢いに乗るG大阪が湘南と対戦…控え組のコンディション向上も好材料に

公式戦4連勝中と勢いに乗るG大阪 [写真]=Getty Images

■湘南ベルマーレ FC東京戦で示した好パフォーマンスを見せることができるか

 ホームにFC東京を迎えた前節は、日本代表FW武藤嘉紀にゴールを許し、0-1の惜敗を喫した。リーグ戦はこれで2勝1分2敗と、五分の成績となった。

“惜敗”と記すのは僅差のスコアゆえではない。序盤から球際やセカンドボールを譲らぬ湘南は、攻撃的な守備から人数かけて敵陣に展開し、ボールを失えば相手の攻撃を遅らせるとともに、素早い帰陣でゴールを守った。DFがアタッキングサードへ攻め入り、FWが自陣ボックス内で体を張るといったポジションを超えた湘南らしい躍動がよどみなく発揮され、相手の特長を封じることにも通じていた。

 チャンスを作り、チャンスを与えぬ戦いがたくましい。それだけに、限られた機を仕留める日本代表ストライカーの類まれな決定力は際立った。かたや1試合を通じて6本にとどまったシュート数を含め、流れをゴールに結べなかったところに湘南の課題が浮かぶ。J1・1st第4節の山形戦、ナビスコ杯第3節の広島戦と、それ以前は自分たちの時間帯に得点を挙げていたことを思えば、首位争いを演じるFC東京のゴール前が堅い証左と言えるかもしれない。いずれにせよ、最後をこじ開ける精度の追求はこれまで同様続けられよう。

 ホーム連戦となる今節、迎えるG大阪もまた、日本代表の宇佐美貴史ら得点力に優れるタレントが2トップに並ぶ。近年の対戦は2010年、ホーム、アウェーともに湘南が敗れているが、FC東京戦で示した組織力と個々の責任感をベースに流れを手繰り、ゴールに結びつけたい。(隈元大吾)

■湘南予想スタメン
3-4-2-1
GK
秋元陽太
DF
遠藤航
アンドレ・バイア
三竿雄斗
MF
藤田征也
菊地俊介
永木亮太
菊池大介
大竹洋平
高山薫
FW
大槻周平

■ガンバ大阪 控えメンバーのコンディション面に手応え

 公式戦4連勝中と好調を維持するG大阪がアウェーに乗り込んでの一戦。湘南とのJ1リーグでの対戦は2010年以来で、その年はG大阪が連勝を飾っているが、当時とは互いに監督もサッカーのスタイルも変わっていることを踏まえれば、フレッシュな気持ちで戦いを迎えることになりそう。昨年の三冠王者が、今季2シーズンぶりにJ1リーグに返り咲いた湘南に対してどんな強さを見せつけるのか、非常に楽しみだ。

 先週はACLを戦うため、タイのブリーラムへの移動を挟みながらの連戦を勝利で乗り切ったが、それに比べれば今週は前節から1週間あいての戦いとなり、コンディションに不安はない。また、前節は今季初めて途中出場を果たした二川孝広が、宇佐美貴史の決勝点につながるラストパスを送り込んだように、控えメンバーが良い競争の中でコンディションを上げているのも好材料。彼以外にも、後に続く連戦を踏まえてスタメンから外れると予想した倉田秋も状態は決して悪くなく、けがから復帰したオ・ジェソクもコンディションの高まりが感じられる。仮に湘南の守備にてこずることがあったとしても、個性豊かな控えメンバーが状況を変化させる準備を整えていると言えるだろう。ただ、ここ最近はセットプレー等、不容易な失点が続いているのも事実。アウェー戦だけに、それで流れを失うことのないよう気を引き締めたい。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン
4-4-2
GK
東口順昭
DF
米倉恒貴
丹羽大輝
岩下敬輔
丹羽大輝
MF
阿部浩之
遠藤保仁
今野泰幸
大森晃太郎
FW
パトリック
宇佐美貴史

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
3pt
ハダースフィールド
3pt
マンチェスター・C
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
アスレティック・ビルバオ
0pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
46pt
C大阪
44pt
横浜FM
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
59pt
福岡
55pt
名古屋
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る