2015.04.17

【J1・1st第6節予想スタメン 新潟vs神戸】公式戦4試合負けなしの神戸、下馬評を覆して白星をつかめるか

リーグ戦2試合連続得点中の小川慶治朗(左) [写真]=Getty Images

■アルビレックス新潟 守備陣に不安も、ラファエル・シルバがチームをけん引

 前節の鹿島戦は先制しながら、後半開始直後に失点。相手のキックオフから一度もボールに触ることなく、ロングボールで崩された場面はあまりにあっけなく、勝ち点1を得ただけにとどまった。

 鹿島戦の失点もそうだが、センターバックの大井健太郎、舞行龍ジェームズの守備が甘く、失点を許す場面が今季は目立つ。今節対戦する神戸には円熟のマルキーニョスをはじめ、小川慶治朗、石津大介とキレのあるアタッカーがそろうだけに、スキを見せることは許されない。

 現在、チームの攻撃をけん引するのがリーグ戦3試合連続ゴール中のラファエル・シルバだ。鹿島戦でも驚異のスプリントからゴールを陥れており、神戸ディフェンスにとっても厄介な存在になるだろう。ただ、リーグ戦においてラファエル・シルバ以外のFWが未だノーゴールなのは気になるところ。だが、鹿島戦は指宿洋史がリーグ戦初先発し、持ち前のキープ力を発揮して基点となった。今週月曜に行われたJ3ブラウブリッツ秋田との練習試合では、田中達也も4得点を挙げてアピール。相手のどこにスペースが生まれるか。それに応じて2トップを組み合わせる柔軟な態勢が構築されつつある。神戸戦も戦いの幅を生かし、決定機を量産したい。

 ポジティブな競争を繰り広げるFWに比べ、物足りないのが2列目だ。開幕からサイドハーフで奮闘してきたルーキーの平松宗が、鹿島戦で右足首を負傷。しかし、これを機に一気にポジションを奪い取るほど勢いを持ったMFが、現状では見当たらない。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
守田達弥
DF
川口尚紀
舞行龍ジェームズ
大井健太郎
前野貴徳
MF
山本康裕
レオ・シルバ
小林裕紀
鈴木武蔵
FW
ラファエル・シルバ
指宿洋史

■ヴィッセル神戸 過去白星なしの“鬼門”で連勝を伸ばせるか

 前節の甲府とのホームゲームでは石津大介の2得点などで、4-1と大勝。リーグ戦では今季初の連勝を達成し、ナビスコ杯を含めた最近の公式戦4試合では3勝1分と負けなし。結果だけでなく、内容も高まりつつある。ネルシーニョ監督の下で取り組む戦術の浸透度が増し、さらに数多くの選手を惜しみなく起用して成果が出ていることも、チームの状態の良さを感じさせる。

 前節では、神戸U-18所属、2種登録のDF藤谷壮が、17歳5カ月15日というクラブ最年少記録での出場も果たした。全体的に士気が上がるなかで、今節は新潟とのアウェー戦に臨む。ただ、舞台となるデンカスタジアムビッグスワンでは、過去9試合4分5敗と白星なしと相性は良くない。それでも、リーグ戦での対新潟戦は最近5試合3勝2分と負けていないデータもある。現在の好調さをそのままに、広島アウェー戦の“鬼門”を突破したように、今回も勝ち切りたいものだ。

 渡邉千真、高橋祥平、安田理大ら別メニュー調整を強いられている選手たちが、どこまでコンディションを上げてこれるかは不安要素の一つ。また、前節でミスにより失点に絡んだチョン・ウヨンへの負担が日に日に増しているだけに、彼をいかに楽にプレーさせるかも今後への課題となるだろう。しかし、石津やリーグ戦2試合連続得点中の小川慶治朗、リーグ戦で2010年以来となる得点を決めた三原雅俊ら、頼もしい活躍をしているイレブンも多いだけに、今回もチームの総合力で対抗していきたい。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
3-4-3
GK
山本海人
DF
岩波拓也
チョン・ウヨン
増川隆洋
MF
高橋峻希
森岡亮太
三原雅俊
相馬崇人
FW
マルキーニョス
石津大介
小川慶治朗

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
3pt
ハダースフィールド
3pt
マンチェスター・C
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
46pt
C大阪
44pt
横浜FM
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
59pt
福岡
55pt
名古屋
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る