2015.04.03

【J1・1st第4節予想スタメン 山形vs湘南】公式戦4試合負けなしの湘南、山形との“昇格組対決”を制して上位浮上を狙う

公式戦4試合負けなしと好調を持続する湘南 [写真]=Getty Images

モンテディオ山形 川西の代役として出場が見込まれるロメロ・フランクの活躍に期待

 2週間前のJ1・1st第3節川崎戦は、山形の武器であるハイプレスを90分間かけ続け、川崎のパスワーク封じに成功。ホーム開幕戦でリーグ戦の連敗を止めての勝ち点3奪取は、厳しい残留争いを覚悟して戦うチームを大いに勇気づけた。

 しかし、翌週に行われたナビスコ杯神戸戦では、自分たちのミスから失点。能力の高い選手を揃える相手に、一瞬のスキも許されないことを改めて思い知らされた。だが、それもリーグ戦を戦う上での良い教訓ととらえ、次の試合に生かそうと前を向いているのは監督も選手も同じだ。神戸戦では攻撃面で何度かいい形が作れており、松岡亮輔のゴールも3人目の動きが生きた良い得点シーンだった。

 攻撃のキーマンの一人である川西翔太が負傷のため欠場の見込みなのは非常に痛いが、代わって出場すると見られるロメロ・フランクのキープ力とパンチ力に期待がかかる。

 神戸戦を欠場した當間建文は幸い軽症で、今節は復帰。しかし守備陣の相次ぐけがによる危機的な状況は相変わらずである。離脱中の山田拓巳宇佐美宏和の穴を埋めるべく、清水から高木純平を補強したが、チーム戦術の理解には少し時間が必要だ。今、その穴を体当たりのハードワークで埋めているのが舩津徹也。ある時はCB、ある時はWBを務め、不器用ながらもチームに貢献している。勝負のカギを握るのは、案外こういう選手かもしれない。(totoONE編集部)

■山形予想スタメン
3-4-2-1
GK
山岸範宏
DF
當間建文
西河翔吾
石川竜也
MF
舩津徹也
松岡亮輔
アルセウ
キム・ボムヨン
ロメロ・フランク
山崎雅人
FW
ディエゴ

湘南ベルマーレ 得点力に課題も、直近3試合無失点と守備陣は安定

 前節のホーム仙台戦を経て、先週末はアウェーでナビスコ杯鳥栖戦に臨んだ。結果はいずれもスコアレスドローながら、湘南らしく攻撃的な姿勢を見せ、ゲームを主導した。相手の粘り強い守備もあってゴールネットを揺らすことは叶わなかったが、惜しい場面も少なくなかった。

 チームの最大値を引き出すうえで、自分たちのスタイルの発揮は欠かせない。その意味で勝利に近づいたと言えるが、得点に結びつけていないところは課題と言えよう。ゴール前の質をより求めたい。一方、1-0で勝利したナビスコ杯甲府戦を含め、ここ3試合を無失点で締めている点はポジティブな材料だ。メンバーを入れ替えながらもスタイルを表現し、勝ち点をつかんだところにもチーム力の底上げを感じさせる。

 今節対戦する山形との過去の戦績は16勝12分14敗と湘南がややリードしているが、NDスタジアムでは6勝5分9敗と分が悪い。また、昨季はホーム、アウェーともに湘南が取ったものの、内容の記憶は苦い。ホームでは湘南らしい躍動が十全に発揮されず、アウェーでも試合開始早々に先制を許すなどシビアさを欠いた。逆に言えば、今節は結果と内容の両輪を示せなかった昨季を超えるために大切な一戦となる。

 リオ五輪アジア1次予選から遠藤航が帰ってきたが、過密日程ゆえ、3バックの右に入るのは坪井慶介か島村毅か。前線の組み合わせを含め、スタメンにも注目したい。(隈元大吾)

■湘南予想スタメン
3-4-2-1
GK
秋元陽太
DF
坪井慶介
アンドレ・バイア
三竿雄斗
MF
藤田征也
菊地俊介
永木亮太
菊池大介
大竹洋平
高山薫
FW
大槻周平

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る