2015.04.03

【J1・1st第4節予想スタメン 川崎vs新潟】新たな顔ぶれで挑む川崎…中村、大島のボランチコンビも復活

川崎攻撃陣を司る中村 [写真]=Getty Images

川崎フロンターレ 原点のボールを失わないスタイルで勝負

 完敗を喫した山形戦から、約2週間のインターバルを経て迎える一戦となる。週明けのミーティングでは風間八宏監督が「お前たちの原点は何だ?」と選手達に問うなど、チームとしてボールを失わないスタイルをあらためて見つめ直した。

 この新潟戦に向けては、顔ぶれを入れ替える模様だ。負傷により代表を辞退した小林悠が欠場し、杉本健勇森谷賢太郎が先発濃厚。とりわけ期待がかかるのは森谷だろう。開幕直前に負った負傷も回復し、このインターバル中にチームに合流。トップ下で起用される見込みだが、臨機応変なポジショニングで味方をサポートし、中盤でのパスワークを活性化させることができれば、前線のアタッカー陣も攻撃に専念できることにつながる。前線と後ろの潤滑油となれる存在の森谷の復帰は頼もしい限りだ。

 チームとしての懸念材料は、大島僚太の状態か。パスワークの生命線である中村憲剛とのボランチコンビが復活となるが、五輪予選からの帰国直後であることを考えれば、コンディションが万全とは言い難い。彼にとっても踏ん張りどころだ。

 ハイプレッシャーをかけてくることが予想される新潟は、まさに「どれだけボールを失わない」が問われる一戦となる。ショートカウンターを浴びて失点した開幕前の練習試合の教訓を生かせるか。そこが問われる一戦だ。(いしかわごう)

■川崎予想スタメン
4-3-3
GK
西部洋平
DF
エウシーニョ
角田誠
谷口彰悟
車屋紳太郎
MF
中村憲剛
森谷賢太郎
大島僚太
FW
杉本健勇
大久保嘉人
レナト

アルビレックス新潟 山本とコルテースの左サイドに期待

 決定機を作りながらゴールに結びつけられない課題が、0-0に終わった先週のナビスコ杯広島戦でも浮き彫りとなった。

 平松宗のクロスからレオ・シルバがバー直撃シュートを放つなど、堅守の広島を押し込み、崩して好機を作ったところにチームの成長がうかがえた。しかし、ゴールを決めなければ勝利はない。途中出場の山崎亮平成岡翔も意欲的にプレーしたが、ベンチメンバーが流れを劇的に変え、決定的な仕事ができるだけのチーム力の厚みも欲しい。

 その意味で、右ひざ負傷の舞行龍ジェームズが先週復帰したのは好材料だ。自ずと練習の質が上がり、チーム内競争も活気づいている。大井健太郎大野和成のセンターバックコンビも安定感があるだけに、誰を起用するか柳下正明監督にとってぜいたくな悩みだろう。

 試合を重ねるごとに連係が向上しているのが、山本康裕コルテースが組む左サイド。「新潟にとって、左サイドを一つの武器にしたい」と元セレソンのコルテースも鼻息が荒い。1-0で勝利した開幕前の川崎との練習試合から1カ月。より成熟した連係で、スペースを攻略することが期待される。

 やや心配なのは、大黒柱レオ・シルバの状態。どの対戦相手も厳しくマークしてくるのは当然だが、配球に固執するあまり、カウンターを招くボールの失い方が散見されるのは気になるところ。川崎のパスワークを封じるためにも、中盤で劣勢に立つことは絶対に避けたい。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
守田達弥
DF
小泉慶
大井健太郎
大野和成
コルテース
MF
平松宗
レオ・シルバ
小林裕紀
山本康裕
FW
ラファエル・シルバ
田中達也

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る