FOLLOW US

カン・ソンホが現役引退を発表…今後は京都のフロント入りへ

 昨季ツエーゲン金沢でプレーしていたDFカン・ソンホが、2013年に所属していた京都サンガF.C.の公式サイトを通じて、現役引退と同クラブのフロント入りを発表した。

 現在27歳のカン・ソンホは、2010年に大分トリニータでJリーグデビュー。その後、2012年に清水エスパルスへ移籍するも評価を得られず、京都、東京ヴェルディ、金沢へと期限付き移籍を重ね、2014年12月に所属元の清水が、契約を更新しないと発表していた。

 同選手は今回の発表に関して「サポーターやクラブ関係者の皆さん、これまでに私に関わってきてくださった皆さんのおかげで、幸せな現役生活を送ることができました。今まで応援していただき、そしてたくさんのサポートをしていただき、本当にありがとうございました。なかなか満足のいく結果は残すことができませんでしたが、素晴らしいチームメイトに恵まれ、多くの皆さんに支えていただいたことは、大切な宝物です。そして、この現役引退のタイミングで、大好きなサッカーに関わっていくチャンスをくださった京都サンガF.C.には感謝していますし、これから少しでもクラブの力になっていけるよう、頑張っていきたいと思います」と、コメントしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO