2015.03.21

新潟浮沈のカギを握る「ブラジル力」…上位進出で“フィエスタ”なるか

レオ・シルバ
新潟の中盤を支えるレオ・シルバ [写真]=兼子愼一郎

文=大中祐二

 久々にアルビレックス新潟にブラジルトリオがそろった。開幕の時点で3人そろうのは、2012年以来3シーズンぶりのことだ。

 優良ブラジル人助っ人を補強することで定評のある新潟。これまでその「ブラジル力」は、J1残留のために注がれてきた。

 2015年のトリオが求められているのは、そこではない。何とか残留ラインより上に踏みとどまるためではなく、ずっと高いところへ上昇するために、彼らの力が必要なのだ。

 顔触れを考えれば、クラブの本気度が伝わってくる。昨年、日本でプレーするのは2年目にしてJリーグベストイレブンに選出されたMFレオ・シルバを筆頭に、今季開幕のサガン鳥栖戦で驚異のスプリントからチーム初ゴールを決めたFWラファエル・シルバ、そして新加入の左サイドバック、コルテースと、今年はチームの各ラインに選りすぐりの「ブラジル力」が配置された。

 注目は、元セレソンで名門サンパウロから加入したコルテースだ。ブラジル代表歴は2011年の1キャップだが、それがアルゼンチン戦に先発出場したとなると、インパクトも増すというもの。

 178センチ、76キロのがっしりした体つき。ドレッドヘアを躍らせながら、左サイドをパワフルにアップダウンするコルテースは、「攻めるために駆け上がるのも好きだけれど、そのあと全力で守備に戻るのも好きなんだよね(笑)」と気さくに笑う。その爆走にホーム、デンカビッグスワンが沸けば沸くほど、今季のチームは躍動し、乗っている証拠だ。

 日本、そして新潟のサッカーにいち早く適応することが活躍には不可欠だ。柳下正明監督は「まじめで向上心を持っている。指摘すると、すぐ修正できる」と、キャリアを鼻に掛けることのない謙虚さを好感する。

 ブラジルトリオのポテンシャルを引き出すためにも、コンビネーションには改善の余地がある。裏返せば、まだまだ可能性が秘められているということだ。柳下監督は開幕から、FWで高さとスピードとパワーを備えるルーキーの平松宗を、右サイドハーフとして抜てきしている。平松には左サイドから上がってくるクロスボールに対し、2トップに加え、3人目のFWとしてゴール前に飛び込むことが期待されているはずだ。

 見た目はファンキー。その実、謙虚で献身的なコルテースと、得点感覚抜群のFWラファエル・シルバ、そして不動の大黒柱であるボランチのレオ・シルバ。トリオの歯車がかみ合うとき、新潟のフィエスタが始まることになる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る