2015.03.21

【J1第3節予想スタメン 神戸vsFC東京】ネルシーニョ体制初白星を狙う神戸、好調を維持する渡邊は古巣戦で結果を残せるか

古巣戦となる渡邉(左)の活躍に期待がかかる [写真]=Getty Images

■ヴィッセル神戸 本拠地で新体制初白星を狙う

 前節は21本のシュートを浴びるなど、相手に押し込まれた。それでも、GK山本海人の好守や、初出場のフェフージンをはじめとする高い守備意識などで対抗。渡邉千真と高橋祥平の加入後初得点で、2度に渡ってリードを奪う展開に持ち込んだ。勝ちきれなかった反省点があるとはいえ、アウェーで貴重な勝ち点1を獲得。試合ごとにネルシーニョ監督のサッカーは浸透しつつある。

 その中で迎える第3節はFC東京という強敵が相手ではあるが、ホームでは開幕戦で敗れているだけに、今度こそサポーターとともに新体制初勝利を得たいところ。この一戦からはU-22日本代表の岩波拓也が離脱。今季の軸となっている生え抜きDFがいない中で、センターバックの人選はポイントの一つになるだろう。また、今週は19日、20日と2日間非公開練習を実施。この2試合でもメンバーや戦術が変更されているように、チーム内に聖域はない。ネルシーニョ監督が今回どのような策を練ってくるのかも、見どころになる。

 注目は、古巣対決となる渡邊。調子も上向いているだけに、“青赤”をよく知る19番の2試合連続得点で活路を見出したい。そして司令塔の森岡亮太は前節で得点に絡むなど、復調の兆しを見せた。今回も森岡、渡邊のホットラインで守備の固い相手を打ち破りたいものだ。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
4-1-4-1
GK
山本海人
DF
奥井諒
北本久仁衛
高橋祥平
安田理大
MF
チョン・ウヨン
小川慶治朗
森岡亮太
フェフージン
ペドロ・ジュニオール
FW
渡邉千真

■FC東京 ナビスコ杯で今季初白星を挙げるもコンディション面に不安も

 第2節の横浜FM戦はGK権田修一の好守を中心に無失点に抑えたが、シュートは2本にとどまり、スコアレスで2戦連続のドローに終わった。しかし、18日に開催されたナビスコ杯では先発7選手を入れ替えて臨み、石川直宏が自身にとって2013年以来となる得点をマーク。また、初先発となった林容平がPKを獲得するなど、これまで出場機会の少なかった選手たちが健闘し、逆転で今季初勝利をつかんだ。マッシモ・フィッカデンティ監督も「強いメンタリティを見せ、チームの士気を高める勝利になった」と手応えを語り、これをリーグ戦への弾みとしていきたい。

 ただし、フィッカデンティ監督は「ターンオーバーをしたのは前田遼一のみ。その他の選手に関しては疲労感もあり、替えざるを得ない状況だった」と明かす。再び中3日で迎える今節、新潟戦で好調だった石川や東慶悟らに関しては、コンディションを考慮する必要性がありそうだ。また、この試合で負傷交代を余儀なくされた林、左足の回復が待たれる太田宏介の起用は流動的だ。

 一方の神戸はミッドウィークにナビスコ杯の開催がなく、試合準備や調整という点で有利なはず。また、ネルシーニョ監督は試合中の修正力も高いため、試合展開がめまぐるしく変わることも予想される。FC東京はリーグ戦において得点力不足が解消されたとは言えない状態なだけに、アウェーで勝ち点をもぎ取るためには試合の流れを見極め、焦れずに戦う必要がある。(totoONE編集部)

■FC東京予想スタメン
4-3-1-2
GK
権田修一
DF
徳永悠平
カニーニ
森重真人
丸山祐市
MF
米本拓司
梶山陽平
羽生直剛
河野広貴
FW
前田遼一
武藤嘉紀

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る