FOLLOW US

開幕戦で決勝点の大宮MF家長昭博、右膝窩筋損傷で全治3~4週間

大宮に在籍する家長 [写真]=Getty Images

 大宮アルディージャは18日、MF家長昭博が負傷し、全治3~4週間と診断されたと発表した。

 家長は3月8日に行われた明治安田生命J2リーグ第1節のツエーゲン金沢戦で負傷し、右膝窩筋損傷と診断。リハビリ後、トレーニングに合流予定となっている。

 同試合でフル出場していた家長は、試合終了間際の86分に得点し、チームの1-0の勝利に貢献していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO