2015.03.15

勝負の年での窮地…公式戦4連敗の鹿島、名門の巻き返しなるか

鹿島アントラーズのトニーニョ・セレーゾ監督 [写真]=Getty Images

 試合後、カシマサッカースタジアムには容赦ないブーイングが鳴り響いた。

 ホーム開幕戦となった14日に行われたJ1第2節で、鹿島アントラーズは湘南ベルマーレに1-2で敗れた。13分に、新加入の金崎夢生が移籍後初ゴール。畳み掛けるかのように湘南を圧倒したが追加点を奪えず、54分にPKで追いつかれると、後半アディショナルタイムに勝ち越し点を許した。

 湘南にJ1復帰後初勝利を与えるとともに、AFCチャンピオンズリーグを含めて公式戦4連敗。第二次トニーニョ・セレーゾ政権では、一昨季が5位、昨季が3位。世代交代も進み、勝負の年と見られていた今季だが、思わぬ躓きに遭っている。

 清水との開幕戦を欠場したベテランの小笠原満男ら、先発4選手を入れ替えて臨んだが、痛恨の逆転負け。湘南の永木亮太からは、「球際の戦いでは全体的に負けている感じはしていなかった。そういう細かいところの積み重ねで、少ないチャンスをしっかりものにした」という、耳の痛い言葉も聞かれた。

 相手の倍以上となる18本のシュートを放ちながら、クロスバーやポストを3度叩いた。試合を支配しながら勝ち切れない現状に、1トップで先発出場した高崎寛之は「勝てる試合を落としてしまい、責任は自分にある」と語る。先発復帰した曽ヶ端準も「しっかり結果を求めて戦いたいし、苦しい戦いをものにすれば流れは変わる」と、自身に言い聞かせるように言葉にした。

 2ステージ制となった短期決戦で、2試合を終えて勝ち点0の17位。早々と窮地に追い込まれながらも、「チーム一丸となってしっかり戦うことが大事」と選手たちが口々に語るのは、名門チームの意地というところか。指揮官の「『あれが悪い』、『采配が悪い』、『あの選手がミスをした』と言い始めたら、負の連鎖がもっとひどくなっていく。アントラーズと他クラブとの違いは、そういうことをせずに、チームのために犠牲心を持つこと。それを我々全員がやる」という言葉からも、プライドが滲む。

 この日キャプテンマークを巻いた柴崎岳は、「戦う姿勢は継続しながら、最後の詰めの部分で個人個人の能力も意識高くしたい。習慣なので、しっかりと練習から取り組むことが大事」とコメント。「サポーターの声を真摯に受け止めながら、その時が来るまでは努力、今の取り組みをしっかりと続けていく」と、冷静に口にする。Jリーグ最多の16冠を誇る名門は、序盤に迎えた苦境を雌伏の時に変えられるか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
87pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
55pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
81pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
岡山
21pt
大分
18pt
東京V
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る