2015.03.13

【J1第2節予想スタメン FC東京vs横浜FM】開幕黒星の横浜FMにアデミウソンが合流…得点力に課題を残すチームを救えるか

年代別ブラジル代表に選出されているアデミウソン [写真]=Getty Images

FC東京 開幕戦はドローに持ち込むも攻撃面での連係に課題



 開幕戦は2点を先行されながらも、武藤嘉紀が2ゴールをマーク。アウェーの地で追いつく形でドローに持ち込み、「悪くはない結果」(マッシモ・フィッカデンティ監督)でシーズンのスタートを切った。何より、試合を通して守備からリズムを作り、主導権を握る時間も長かった。判断の甘さを突かれて失点はしたものの、組織的な守備は大崩れすることはなさそうだ。また、途中出場の丸山祐市東慶悟林容平が躍動感のあるプレーを見せ、追い上げムードをもたらした。

 ただし、攻撃のコンビネーションプレーには物足りなさが残る。武藤が期待に違わぬ活躍を見せたが、チームとしてのシュート数は少なく、前線の連係の熟成は課題といえるだろう。一方、高いクロス精度を誇る太田宏介は、負傷の影響で前節途中交代を余儀なくされ、今節も出場が懸念される。

 同時に、相手対策も入念に行っているFC東京だが、横浜FMにはU-21ブラジル代表FWアデミウソンが加入。フィッカデンティ監督は「スピードもテクニックもある選手」と警戒を強めるが、スカウティングデータ不足という不安も。しかしながら、森重真人は「G大阪戦では、誰が出場してもFC東京のサッカーができるという自信をつかむことができ、一体となって戦う雰囲気が生まれている。これを勢いとして横浜FM戦につなげたい」とチーム全員で戦うことを強調。前節もぎ取った1ポイントを意味あるものにするためにも、一体感を持ってホームでの勝ち点3奪取を目指す。(totoONE編集部)

FC東京予想スタメン
4-3-1-2
GK
権田修一
DF
徳永悠平
カニーニ
森重真人
丸山祐市
MF
米本拓司
梶山陽平
羽生直剛
河野広貴
FW
前田遼一
武藤嘉紀

横浜F・マリノス 黒星スタートも運動量は抜群、中盤の主導権争いで優位に立てるか

 川崎との開幕戦は前半に小林祐三のファインゴールで追い付きながら、その後もゲームを支配されたまま失点を重ね、1-3で完敗。高い位置から前線が連動してボールを奪うのか、守備ブロックを作るのかの意思統一が曖昧だったのが一因で、昨年3月の鹿島戦以来となる大量失点を喫する悔しいスタートとなった。

 昨季はリーグ最少失点を誇った選手たちのショックはいかほどか。エリク・モンバエルツ監督は「現在取り組んでいるのは守備とゲームで戦うメンタル」と強調して準備しており、改善を示したい。依然として中村俊輔ラフィーニャを欠く台所事情は苦しい。だが、一筋の光として期待が懸かるのが、新加入したU-21ブラジル代表FWアデミウソンだ。9日から全体練習に合流したばかり。長距離移動と時差ぼけもあって本調子ではなさそうだが、11日の紅白戦では1トップで軽快な動きを披露。トップ下の齋藤学が「うまい、速い。縦に速い攻撃もうまくいくと思う」と好感触を語ったように、一気に状況が好転する可能性はある。

 走らされた感は否めないが、川崎戦では兵藤慎剛が13.05キロとリーグ最長距離を走り、藤本淳吾は同3位の12.30キロ。中盤の主導権争いを制することが焦点の一つとなる中、クラブ別でもトップの120.38キロを走る豊富な運動量を示したのは好材料だ。FC東京とはここ10試合で3勝2分5敗と負け越している。前節2得点の武藤嘉紀を封じ込め、序盤の連敗は何としても避けたい。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
榎本哲也
DF
小林祐三
栗原勇蔵
中澤佑二
下平匠
MF
富澤清太郎
中町公祐
藤本淳吾
齋藤学
兵藤慎剛
FW
アデミウソン

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
3pt
マンチェスター・U
3pt
リヴァプール
3pt
欧州順位をもっと見る
ヘルタ・ベルリン
1pt
バイエルン
1pt
ケルン
0pt
欧州順位をもっと見る
アスレティック・ビルバオ
3pt
アラベス
0pt
アトレティコ・マドリード
0pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
48pt
鹿島アントラーズ
44pt
川崎F
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
58pt
京都
51pt
大宮
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
藤枝
37pt
群馬
35pt
熊本
35pt
Jリーグ順位をもっと見る