FOLLOW US

宇賀神、2ステージ制移行で新たな決意表明「年間王者を勝ち取る」

 2015明治安田生命J1リーグが7日に開幕し、ファーストステージ第1節で浦和レッズ湘南ベルマーレと対戦した。

 MF宇賀神友弥が、「公式戦3連敗で迎えた開幕戦だった。選手たちは非常に難しいメンタルだったと思う」と語ったように、浦和は富士ゼロックススーパーカップ2015でガンバ大阪に敗れ、AFCチャンピオンズリーグ2015のグループステージでも2連敗を喫している。

 今季初白星を目指し臨んだ一戦だったが、36分に先制点を許してしまう。それでも興梠慎三のゴールで試合を振り出しに戻すと、迎えた後半に2点を追加し3-1で勝利を収めた。

 苦しんだ公式戦3連敗。宇賀神は、「自分たちが3年間積み上げてきたものがあるので、そこでブレる必要は全くないと思っている。自分たちがやってきたサッカーをピッチで表現するだけ」という話をチームでしていたと明かした。

 連敗中はサポーターからの厳しい声もあっただけに、「ほっと一安心しています」と安堵の表情も見せた。

「自分たちはプロのサッカー選手なので、ピッチで結果を出してサポーターの人たちの期待だったり、声援だったり、ブーイングだったり。そういうものに応えていかないといけない」

 J1リーグは今季から2ステージ制へ移行するが、「スタートダッシュが一番重要なことだと思う」とポイントを挙げると、「年間王者を目指して戦っていきたいと思う。今シーズン、浦和レッズはたくさん補強をして、これだけのメンバーが揃っているので、しっかり年間王者を勝ち取りたいと思います」と決意を語っている。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA