FOLLOW US

【J1第1節予想スタメン 湘南vs浦和】今オフに大型補強敢行も公式戦3連敗…勝負のシーズンに臨む浦和が湘南と激突

今オフも大型補強を敢行し、タイトル奪還を目指す浦和 [写真]= Getty Images

湘南ベルマーレ 2年前の経験値が最大のプラス材料、昨季の勢い持続で躍進を狙う

 満を持してと表現するのが適当だろうか。湘南は曺貴裁監督が就任した2012年にJ1昇格を果たすも翌年降格し、再度戦いの舞台をJ2に移した。それでもチーム作りの幹は揺らぐことなく、攻守に躍動する“湘南スタイル”は育まれた。圧倒的な成績でJ2を制した昨季はその実りであり、と同時に、今季J1を勝ち抜くための布石だった。

 自分たちのスタイルで結果をつかむ。すなわち、湘南スタイルの証明をテーマに掲げる今季、13人の新加入選手を含む28人の個性が集った。メンバーの入れ替わりこそあれど、チームのスタイルは幹を太くし、加えて人数分の個性が多彩な戦いのバリエーションを実現する。

 2月のトルコキャンプをはじめ、帰国してからも実戦を通してチームの呼吸を整えてきた。ただ国内では非公開も多く、コンビネーションの熟成度やそれに伴う両ゴール前での精度は測りにくい。対浦和に焦点を当てれば、2000年代は1勝もできていない相性の面も初陣の懸念材料と言えよう。

 だが常に成長を期する湘南にあって、過去の記憶も行く宛てを照らす。2年前の勝てなかった悔しさも、経験しているメンバーにとっては大きなモチベーションとなろう。

 曺監督の下、メンバーは個々のコンディションや組み合わせ、ゲーム戦術などによって導かれる。スタメンとサブの別は優劣ではない。浦和に縁深い坪井慶介と山田直輝を含め、いまなおベールに包まれている布陣とあわせて、期待の膨らむ開幕戦だ。(隈元大吾)

■湘南予想スタメン
3-4-2-1
GK
秋元陽太
DF
遠藤航
アンドレ・バイア
三竿雄斗
MF
古林将太
菊地俊介
永木亮太
菊池大介
山田直輝
高山薫
FW
大槻周平

浦和レッズ 今オフも大型補強を敢行、勝負のシーズンに臨む

 浦和はミハイロ・ペトロヴィッチ監督が就任してから4シーズン目を迎える。指揮官としてはクラブ史上最長の在任期間となるが、それだけにタイトルを取れていないことに対するプレッシャーも強くなる。今年こそタイトルを取らなければならない。

 そのためにシーズンオフには大量の選手補強を敢行。期限付き移籍から復帰した選手やユース昇格組なども含まれるとはいえ、12人もの新戦力を加え、2チームを作れるだけのチーム編成にして今シーズンに臨むことになった。

 補強もこれまでの弱点を補う的確なものだった。昨シーズンは大黒柱の興梠慎三が腓骨骨折で離脱したことが大きく響き、前線でタメを作れる1トップの駒が足りないことを痛感したため、大宮からズラタンを補強。ポストプレーの質が高いことを早くも証明している。また、柏から獲得した橋本和の存在も大きい。橋本はこれまで浦和にいなかった左利きの左サイドアタッカーであり、チームに左クロスからの攻撃という新たな選択肢をもたらした。

 懸念材料となるのは、やはり過密スケジュールでコンディション調整が難しいことだろう。今シーズンはACLとリーグ戦を並行して戦わなければならず、シーズン序盤は週2回のペースで試合を消化しなければいけない。また、エースの興梠慎三が昨年の負傷の影響から出遅れており、トップフォームに戻るまで少し時間がかかりそうなのも気がかりだ。ペトロヴィッチ監督は確固たる信念を持って明確なスタイルを築き上げたが、それゆえにワンパターンになりやすく、相手に研究されて閉塞感が出やすくなっている点も課題になっている。(totoONE編集部)

■浦和予想スタメン
3-4-2-1
GK
西川周作
DF
森脇良太
那須大亮
槙野智章
MF
宇賀神友弥
柏木陽介
阿部勇樹
橋本和
石原直樹
高木俊幸
FW
ズラタン

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA