FOLLOW US

元日本代表FW黒部光昭が誕生日に現役引退「サッカーに育ててもらう」

日本代表としても出場経験のある黒部 [写真]=Getty Images

 タイ・ディビジョン1(2部リーグ)のTTMカスタムズFCに所属していた元日本代表FW黒部光昭が6日に自身の公式ブログ(http://teruaki.kuro.be/top.shtml)を更新し、現役引退を表明している。

 同日に誕生日を迎えた黒部は「37歳の誕生日をむかえました。そして、自分の人生においていろんな方向から模索しながら考えた結果このタイミングにしようと決断しプロのサッカー選手を引退することにしました」と現役引退を表明すると、「現役にこだわりつづけたかったここ数年でしたが(心、技、体)のバランスをうまくとることだけで精一杯すぎたよーな」と、その理由を明かした。

 今後の予定については「プロのサッカー選手は終わりますがサッカー選手は死ぬまでやめないので今後ともサッカーとともに人生を走っていきたいと思います。そして、人生サッカーだけではないと言うことも自分の中では芽生えているのもあります。これからもサッカーに育ててもらい、新しい方面のことも模索しつつホントに何もしたことがない小学校の1年生のような自分を走らせていきたいとおもいます」と語っている。

 同選手は2000年に大卒で京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)に加入。デビュー2年目の2001年にはJ2で41試合に出場し30得点を挙げ、2003年には日本代表にも選出された。2005年にセレッソ大阪へ移籍すると、その後は浦和レッズジェフユナイテッド千葉アビスパ福岡カターレ富山に所属し、2014年にタイで自身初の海外挑戦をしていた。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA