2015.02.28

ゼロックス杯MVPは1G1Aのパトリック…ユーザー採点『俺ガゼッタ』

パトリック
ユーザーからMVPに選ばれたパトリック(中央) [写真]=Getty Images

 Jリーグの今季初となる公式戦「富士ゼロックススーパーカップ2015」が28日に日産スタジアムで行われ、国内3冠を達成したガンバ大阪と、昨季リーグ2位の浦和レッズが対戦。試合は後半にG大阪のFW宇佐美貴史とFWパトリックが得点し、2-0でG大阪が2015年初タイトルを手にした。

 試合後、サッカーキングでは『俺ガゼッタ』と題し、出場選手をユーザーに10点満点で採点してもらい、各選手の寸評、総評、両チームでその日一番活躍した選手を選出してもらった。

 採点では、63分から途中出場を果たし、1ゴール1アシストと大活躍を見せたG大阪のパトリックが「7.5」(最高点10、最低点1)を獲得し、マン・オブ・ザ・マッチに輝いた。続いて、流れを変える采配が目立ったG大阪の長谷川健太監督が「7.2」で2位、先制ゴールがこの試合の決勝点につながったG大阪の宇佐美が3位につけている。

 一方、敗れた浦和で一番評価が高かったのは、左サイドから決定機を演出していたMF関根貴大の「5.9」で、全体の15位に入った。

 各選手の採点とユーザーからの主な寸評は以下のとおり。(※28日の21時00分現在。最高点10、最低点1)

■ガンバ大阪

■長谷川健太監督
採点:7.2
主な寸評
▽リスクマネジメントが光った。選手交代も文句なし。
▽堅実で我慢の采配。パトリックの交代が見事的中。
▽的確な采配でチームに勝利をもたらした。

■東口順昭
採点:6.7
主な寸評
▽気持ちが伝わる良いプレーだった。守備範囲が広く安定していた。
▽危ないところもあったけど無失点よかったね。
▽持ち前のセービング能力は見事だった。

■オ・ジェソク
採点:6.4
主な寸評
▽ハードワークが光る。球際のプレーは一番激しかった。
▽力強い守備と効果的な攻撃参加が目立つ。
▽安定感のある守備。浦和の左サイドに鍵をかけた。

■丹羽大輝
採点:6.3
主な寸評
▽最終ラインを見事に統率。インターセプトも秀逸。
▽身体の強さを活かした守備は見事だった。
▽素晴らしい守備。クリーンシートに大いに貢献した。

■岩下敬輔
採点:6.3
主な寸評
▽最終ラインで体を張り、何度も相手の攻撃を何度も跳ね返していた。
▽丹羽と固い守備を形成。ズラタンを押さえられていた。
▽最終ラインのリーダーとして君臨。見事な寄せで浦和攻撃陣を抑え込む。

■藤春廣輝
採点:6.0
主な寸評
▽守備に奔走する場面が多かったが、攻撃時には決定機を生み出す。
▽守備で貢献。得意のクロスをもっと見たかった。
▽全体的に悪くはないがもう少し攻め上がりたい。

■明神智和
採点:6.3
主な寸評
▽今野の穴を見事に埋めていた。惜しいシュートも。
▽流石ベテランの存在感。よく走りました。
▽いぶし銀の活躍。ナンバーワンの走行距離でツーシャドーを潰す。

■遠藤保仁
採点:6.6
主な寸評
▽前半はらしくないパスミスもあったが、セットプレーでのキックの精度はさすが。
▽的確な縦パスでチームの攻撃を牽引。
▽チームを中盤で安定させていた。守備でも奮闘。さすがのキック精度。

■大森晃太郎
採点:6.2
主な寸評
▽やや守備に回る時間が長く、攻撃面良さが見られなかった。
▽右サイドでバランスをとっていた。
▽危ない場面にも顔を出してチームを助けた。小柄でも頼もしい存在。

■倉田秋
採点:6.5
主な寸評
▽運動量の多さを見せつけ攻守に好プレー。
▽守備の時間が長かった分頑張っていた。
▽持久力に脱帽。ゴールを決められればパーフェクト。2015年も期待。

■宇佐美貴史
採点:7.0
主な寸評
▽こういう大会で先制点をとったことが評価できる。
▽苦しかったチームを救う一発。これぞストライカー。消える時間帯を無くしたい。
▽まだトップフォームではないが、貴重な先制ゴール。

■赤嶺真吾
採点:5.4
主な寸評
▽悪くは無かったがチャンスを作れなかった。
▽積極的なチェイシングでパスコースを限定した。
▽献身的な前からの守備があったが、攻撃に関しては噛み合っていいなかった。

■パトリック
採点:7.5
主な寸評
▽圧巻のフィジカル。マン・オブ・ザ・マッチ。
▽この人が入って、試合が別物に!途中出場にもかかわらず1得点1アシストの大活躍!確実にMVP
▽とにかくフィジカルが強かった。当たり負けをしていない。

■リンス
採点:6.4
主な寸評
▽1本惜しいシュートあり。仕上げのリンス健在。
▽途中から入ってチームにアクセントをもたらした。
▽「仕上げのリンス」も任務は遂行。あとはゴールだけ。

■阿部浩之
採点:5.9
主な寸評
▽疲れた大森に代わり試合を締める。
▽さすが。次は先発でみたい。
▽さいごをキチンと終わらせた。

■浦和レッズ

■ミハイロ・ペトロヴィッチ監督
採点:4.3
主な寸評
▽もう少し試合の状況を見ていれば。負けていてもあのサッカーでは勝てない。
▽自身のスタイルを崩す勇気が必要。
▽去年から何も改善されていない。

■西川周作
採点:5.9
主な寸評
▽ゴールシーンはノーチャンス。
▽好セーブ連発もパトリックにやられる。
▽2失点は2つとも仕方なかった。その前のセーブは評価されるべき。

■森脇良太
採点:4.6
主な寸評
▽果敢なオーバーラップを見せたが1失点目に絡む。
▽得意の攻撃参加でチャンスを作り出した。
▽また失点に絡んだ。

■那須大亮
採点:5.5
主な寸評
▽とてもいい守備してた、これからもたのみます。
▽動き自体は悪くなかったが結果が伴わず。
▽DFの中では良かった方。

■槙野智章
採点:5.0
主な寸評
▽ロングシュートを何度か狙ったが怖さがたりない。
▽積極的な攻撃参加も肝心な守備ではパトリックに振り切られ失点。
▽守備をしっかりして欲しい。攻撃は良かった。

■平川忠亮
採点:5.4
主な寸評
▽何度も駆け上がったが味方と呼吸が合わず。
▽ダイレクトのクロスなどチャンスは多く作った。
▽高い位置でプレー出来ていた。

■柏木陽介
採点:5.5
主な寸評
▽攻撃のスイッチをいつも入れていた。
▽チャンスを多く作るも新加入選手と息が合わない場面も。
▽ロングボールでチャンスを演出。

■阿部勇樹
採点:5.7
主な寸評
▽ディフェンスラインの前で攻守を助けた。
▽もう少しゲームをコントロールできれば。
▽キャプテンとしてチームを引っ張った。

■関根貴大
採点:5.9
主な寸評
▽スピードがある分よく仕掛けていてよかった。ドリブルだけでなく得点にも期待。
▽サイドから再三決定機を作り出した。
▽自サイドの突破は◎。決定機を決めていれば…

■梅崎司
採点:5.4
主な寸評
▽シャドーとしてしっかりプレー出来ていた。
▽ゴール前での存在感はあるものの決めきれず。
▽コンディションが整っていないように見えた。

■高木俊幸
採点:5.2
主な寸評
▽もう少しドリブル仕掛けないと相手チームからしたら脅威がない。
▽チームにまだフィット仕切れてない。
▽左サイドで攻めたが、浦和のスタイルに慣れていない。

■李忠成
採点:4.7
主な寸評
▽決定力の物足りなさを感じた。
▽もう少しシュートを打ちたかった。
▽ワントップとして攻撃の起点になれず。

■ズラタン
採点:5.4
主な寸評
▽再三の決定機を決めることができなかった。
▽周りとの呼吸が合わず、孤立する。
▽丹羽に封じ込められ、終始イライラしていた。

■武藤雄樹
採点:5.1
主な寸評
▽ドリブル突破を試みるも相手を崩すシーンは少なかった。
▽なかなか前を向いてボールを持てず。
▽もっと仕掛けて見せ場を作るべき。

■鈴木啓太
採点:5.4
主な寸評
▽負けている中でもさすがの落ち着き。
▽あの時間で投入されても難しいか。
▽もっと早く出すべき。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
62pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
80pt
福岡
68pt
長崎
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
55pt
沼津
50pt
秋田
49pt
Jリーグ順位をもっと見る