2015.02.28

元日本代表MF三都主がブラジルへ「日本で得た経験を活かし頑張る」

三都主アレサンドロ
FC岐阜に所属していた三都主アレサンドロ [写真]=Getty Images

 FC岐阜は28日、昨季限りで契約満了になっていた元日本代表MF三都主アレサンドロがブラジルのマリンガFCへ加入すると発表した。

 三都主はクラブを通じて以下のコメントを発している。

「この度、生まれ故郷のブラジル、マリンガFCで、再びサッカーをすることとなりました。16歳で来日し、21年間日本で暮らし、サッカーの生活を中心に送ってきましたが、契約満了となった為、ブラジルの両親の元へ行くことを決意しました。その中でも、サッカーへの情熱は冷めずにいたところ、マリンガFCと契約することが出来ました。日本で得た経験を活かしながら、ここでもまた頑張りたいと思います。遠いブラジルですが、応援よろしくお願いします」

 現在38歳の三都主は1997年に清水エスパルスでデビューし、浦和レッズ、ザルツブルク、名古屋グランパス、栃木SCを渡り歩き、昨年にFC岐阜へ加入していた。2001年には日本国籍を取得し、2002年に行われた日韓ワールドカップと2006年に行われたドイツ・ワールドカップに日本代表として出場した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る