2015.02.27

今季Jリーグの判定基準、ホールディング取り締まりの強化継続

試合を支える審判団 [写真]=Getty Images

 日本サッカー協会審判委員会は26日、今季の判定基準について説明会を実施した。

 同説明会は、毎年Jリーグの開幕前に実施。今回は、協会の審判委員長を務める上川徹氏とトップレフェリーインストラクターを務める岡田正義氏とともに、西村雄一氏らプロフェッショナルレフェリーも出席した。

 上川氏と岡田氏が、今季の判定基準について、Jリーグ各クラブを対象としたルール講習会で使用する映像を用いて解説。常態化しつつある、手や腕などで相手のプレーを妨害するホールディングの反則について、継続して厳しく取り締まっていく基準などを示した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る