2015.02.27

今季Jリーグの判定基準、ホールディング取り締まりの強化継続

試合を支える審判団 [写真]=Getty Images

 日本サッカー協会審判委員会は26日、今季の判定基準について説明会を実施した。

 同説明会は、毎年Jリーグの開幕前に実施。今回は、協会の審判委員長を務める上川徹氏とトップレフェリーインストラクターを務める岡田正義氏とともに、西村雄一氏らプロフェッショナルレフェリーも出席した。

 上川氏と岡田氏が、今季の判定基準について、Jリーグ各クラブを対象としたルール講習会で使用する映像を用いて解説。常態化しつつある、手や腕などで相手のプレーを妨害するホールディングの反則について、継続して厳しく取り締まっていく基準などを示した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
19pt
川崎F
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る