FOLLOW US

徳島MF木村祐志が道交法違反で検挙…出場停止や謹慎などの処分

昨季は大分に在籍した木村祐志 [写真]=Getty Images

 徳島ヴォルティスは9日、所属するMF木村祐志が道路交通法違反(信号無視)により検挙され、その際に運転免許証が失効していたことも判明したと発表。謝罪と同選手への処分を合わせて発表している。

 木村は8日の15時30分頃に大阪市内を自家用車で運転中、信号無視で検挙。有効期限が2014年11月5日までとなっていた免許の失効状態での運転も判明した。

 クラブは9日にクラブで事情聴取を行い、自宅謹慎を決定。公式戦1試合の出場停止と2月15日までの謹慎・練習参加停止、年俸12分の1の10%の罰金、2015シーズン中の社会貢献活動の実施を処分として科した。また、新田広一郎代表取締役社長の減俸10%(1カ月)、岡田明彦強化部長の減俸10%(1カ月)も併せて科している。

 クラブは、「クラブでは所属選手の運転免許証の確認をおこなっており、木村選手に関しては1月25日までに強化担当者が免許証の提示を受けて、コピーを取り保管をいたしました。しかしながら、その際にチェックすることができずに看過してしまう不手際があったことから、今回の事態となりました。この点に関しましては、クラブが安全運転管理者としての管理責任を果たせずに、未然に防ぐことができませんでしたことを、深くお詫び申し上げます」と対応の説明と謝罪を発表。

 新田社長も「このたびは、所属選手の道路交通法違反により、徳島ヴォルティスを応援していただいているサポーターの皆様、ご支援いただいているスポンサーの皆様、関係各位にご迷惑をお掛けしましたことを、心からお詫び申し上げます。今回の事態をクラブとして重く受け止め、所属選手、スタッフ全員への運転免許証の確認の徹底をおこなうとともに、道路交通法の順守のための交通安全への取り組みを徹底し、再発防止を徹底してまいります」とコメントを出している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO