FOLLOW US

大宮、塚本泰史氏とアンバサダー契約継続を発表…骨肉腫手術から5年

 大宮アルディージャは22日、クラブアンバサダーとして活動する塚本泰史氏と、2015シーズンのアンバサダー契約を更新したと発表した。

 塚本氏は今回の発表に際し、以下のようにコメントしている。

「2015シーズンもクラブアンバサダーとして活動をすることとなりました。今年で手術をして5年となりますし、これまでの皆さまからの支援・激励を胸に、今年も新たなチャレンジに挑み、夢の実現に向けて走り続けたいと思います。今シーズンもよろしくお願いします」

 塚本氏は1985年生まれの29歳。浦和東高校から駒澤大学を経て2008年に大宮へ加入し、リーグ戦27試合出場、2得点の成績を残した。しかし、チームの主力として定着し始めた矢先の2010年に右大腿骨骨肉腫が発覚。同年3月、人工関節に移植する手術を行った。

 その後、2010シーズン終了までは選手登録が継続されていたが、2011年1月、早期復帰は困難として選手契約を更新せず。現在もリハビリを継続しながら、アンバサダーとしてクラブの広報活動やホームタウン活動などを精力的に行っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO