2015.01.19

東京Vが新体制発表会見…竹本GM「目標設定としては9位以上」

東京ヴェルディ
新体制発表会見を行った東京ヴェルディ

 東京ヴェルディは18日、2015シーズンの新体制発表会見を行った。

 今季の新加入選手は7選手(MF渋谷亮、DF大木暁、FWアラン・ピニェイロ、DFウェズレイ、MFブルーノ・コウチーニョ、MF中野雅臣、MF三竿健斗)。大学を経由して再び東京Vに戻ってきた渋谷は「小さい頃からヴェルディのファンで、そのクラブに帰ってくることができて誇りに思っています。サポーターを代表する気持ちで楽しんでやっていけたら」と語り、今シーズン期待のブラジル人トリオの一人であるブルーノは「ここにいることが幸せ。できることなら、今シーズンの最後にみんなで喜びを分かち合えるようなシーズンにしたい」と意気込みを語った。

 また世代別の日本代表としても活躍し、ユースから昇格した三竿は「僕たち若手の成長がチームの成長につながると思うので日々成長していきたい。人の心を動かしたり、また見に行きたいと思えるようなプレーをして、このクラブが本来いるべきところに早く戻れるように頑張りたい」と、小学5年から在籍するクラブへの思いを口にした。

 昨季は、J3降格争いに巻き込まれ、監督交代を機にJ2残留を勝ち取った東京V。羽生英之代表取締役社長が「あの最後の11試合を今年の財産にスタートできる」と振り返ったように、ラスト11試合で指揮を執った冨樫剛一監督の成績は3勝6分け2敗の9位。今季もチームを率いる冨樫監督は、「身が引き締まる思いであり、選手たちの顔を見てワクワクしている。今日ここでは大きなことを言おうとは思っていません。とにかく毎日の練習を見て、ゲームを見てもらって、応援したくなるようなチームを作っていきたい」と率直な感想を述べた。

 会見に同席していた竹本一彦ゼネラルマネージャー(GM)は「J1に上がりたい、上がる気持ちはもちろん持っている」としながらも、「目標設定としては(冨樫監督が指揮を執った11試合分の成績である)9位以上が現実的なのかなと思う。今年は昨年よりもプラス、来年は今年よりプラスにしたい。若い(選手が多いこの)チームをより成長させて、次につなげていきたい」と将来を見据えた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る