2015.01.18

チャリティーマッチ発起人の吉田孝行氏「メッセージ発信できた」

 17日、『阪神・淡路大震災20年 1.17チャリティーマッチ』がノエビアスタジアム神戸で開催。永島昭浩氏率いるKOBE DREAMSが、三浦知良(横浜FC)の2ゴールなどで、岡田武史氏率いるJAPAN STARSに3-2で勝利した。

 兵庫県出身の吉田孝行氏は、2008年から6シーズンに渡ってヴィッセル神戸でプレーし、現在は同チームのアンバサダーを務める。発起人として今試合の開催を手掛け、「大変なことはもちろんいっぱいあったのですが、僕が一人一人電話をかけてく中で、皆さん出たいと言ってくれましたので、本当にありがたいです。昨日やった『感謝の集い』の席でも、名波(浩)さんから、『お前が一人一人に電話をかけているから思いが伝わるんだよ』ということを言われて、本当に嬉しかったですね。みなさんに本当に感謝の気持ちです」と、思いを口にした。

 試合中には、三浦知良(横浜FC)のゴールをアシストする場面もあったが、「初めは僕が打とうと思ったんですが、やっぱりカズさんが横にいると、憧れの人なので、パスを出さないと、と思って(笑)。必ず点を取るぞ、と思いながらプレーをしていたんですけど、やっぱり現役と違って動きにキレがなかったです」と振り返った。

 また、試合後には当初の予定には含まれていなかった『神戸賛歌』を両チームのメンバーやサポーターとともに歌った。「予定に入ってなかったんですけど、ジャパン側(JAPAN STARS)の人も気持ちよく『いいよ』って言ってやってくれて。本当に感動しましたね」

「ホッとしたというか、この3ヶ月ほど準備が本当に大変だったので、成功してよかったです。こうやってスポーツの力で何かメッセージを発信できるということは素晴らしいことだと思います。来ていただいた方もそうですし、このチャリティーマッチに関わった全ての方に良い思いをしていただけたのかな、と思っています」と、充実した表情を見せた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る