FOLLOW US

11年ぶりJ2降格の大宮が新体制発表…新加入DF河本「昇格に思いをぶつけたい」

2015シーズンの新体制発表記者会見を行った大宮

 大宮アルディージャは17日、2015シーズンの新体制発表記者会見を行った。

 昨季は、9勝8分け17敗の16位に終わり、J1で10年目にして初のJ2降格となった大宮。昨季途中から指揮を執り、2015シーズンの続投が発表されていた渋谷洋樹監督について松本大樹強化本部長は「指揮を執った(昨季の)残り12試合で6勝1分け5敗。守備を立て直し、攻撃のバリエーションも増えた。今年に期待できる」と続投理由について明かした。

 一方の渋谷監督は「クラブに関わる人たちに悔しい思いをさせたことに責任を感じている。期待も不安もある。昨年の勝ち点1の重み、悔しい思いを心に刻んで、必ずやJ2優勝という形で強いチームになってJ1昇格を達成できるように頑張りたい」と意気込みを語っている。

 会見には新加入の9選手(DF河本裕之、GK加藤順大、FW播戸竜二、GK塩田仁史、MF小島幹敏、DF大屋翼、FW清水慎太郎、MF横谷繁、DF髙山和真)も出席。ヴィッセル神戸から加入した河本が「3シーズンぶりにまたお世話になることができて幸せです。その思いをJ1昇格に向けてぶつけていきたい」と決意表明すれば、浦和レッズから加入した加藤は「1年でJ1に上がるために言葉だけでなく行動で示していきたい」と語り、FC東京から加入した塩田は「11年いたチームを離れ、大宮にしっかりとした覚悟を持ってきました。J2で優勝、天皇杯でも優勝できるように頑張っていきたい」と新天地での強く覚悟を口にした。

 また、2015シーズンのチームスローガンも発表。『挑む ~頂点へ、未来へ。~』の理由について渋谷監督は、「自分の意思で相手に向かっていく、自分の意思でやり遂げる。J2優勝に挑む。チャレンジャーとして挑んでほしいということで『挑む』にした」と説明した。

 大宮は今後、グアム、宮崎でのキャンプを挟み、3月8日にツエーゲン金沢とのホーム開幕戦を迎える。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO